検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

カーボンニュートラルに向けた取り組み

トップページ > カーボンニュートラルに向けた取り組み

東芝グループが提供する、カーボンニュートラルに貢献する製品・サービス

近年、⽇本のみならず、世界的にカーボンニュートラル(脱炭素)の流れが⾼まっています。東芝は、電⼒をつくる・おくる・ためるなどの各分野における製品やサービスの他、発電所などから排出されるCO2の回収や活用などの取り組みを展開しています。

脱炭素関連の事業としては、⽔⼒・地熱・太陽光・⾵⼒などの再⽣可能エネルギー、直流送電などを始めとした系統技術開発や、再エネの割合が増えた際に電力の需給バランスを取る必要がありますが、このバランスを取る上で欠かせないVPPによる制御技術、⽔素・CO2分離回収技術の適⽤などを進めています。東芝は、発電時にCO2を「排出しない・抑制する」、「回収・活⽤」する、エネルギーを「調整する」ことを⽬的に、エネルギーに関するあらゆる分野で幅広く製品・技術サービスを提供しています。

CARBON NEUTRAL 説明画像

CO2を排出しない アイコンCO2排出しない
排出抑制する

再生可能エネルギーは、自然界にあるエネルギー源で、発電の際にほぼCO2を排出しません。当社は、発電効率のさらなる向上や次世代の太陽電池の開発などに注力し、再生可能エネルギーの主力電源化に貢献します。

また、原子力発電も、CO2を排出しない電源として脱炭素に貢献できる技術です。原子力関連事業に長年従事してきた当社は、その技術力で引き続き再稼働対応に尽力するとともに、小型炉や次世代炉の開発に注力します。

CO2を排出しない 説明画像

回収/活用 アイコン回収/活用

CCS(Carbon dioxide Capture and Storage)は、プラントから排出されるCO2を分離・回収・貯留する技術です。その中で、当社では、CO2分離回収技術の確立と推進に取り組んでいます。CCU(Carbon dioxide Capture and Utilization)は、排出されたCO2を原料として有効活用する技術です。

水素は幅広い分野での利活用が期待されていますが、例えば、CCSで回収されたCO2を再エネ由来の電力で分解し水素と組み合わせることで再び資源化する「P2C(Power to Chemicals)」というカーボンリサイクル技術の開発にも積極的に取り組んでいます。

回収/活用 説明画像

エネルギー調整 アイコンエネルギー調整

再生可能エネルギーは、時間や天候、季節などの自然環境により出力が変動します。安定的な供給のためには、さまざまなエネルギーを組み合わせて平準化するための技術が必要で、供給側だけでなく、需要家の需要量も踏まえた調整が必要です。

東芝は蓄電池や揚水発電などの貯める技術に加え、地域/マイクログリッドにおける水素利活用、デジタル技術による賢いエネルギーマネジメントと長年培ってきた系統技術、遠隔地からの電気をロスが少なく送電できる直流送電などで、系統安定を維持した再生可能エネルギーの導入促進に寄与します。水素に関しては、余剰な電力を水素に変換し、必要な時・場所・目的で利用する「P2G(Power to Gas)」の実用化に向けた取り組みも進めています。

エネルギー調整 説明画像
CARBON NEUTRAL 説明画像

再生可能エネルギーは、自然界にあるエネルギー源で、発電の際にほぼCO2を排出しません。当社は、発電効率のさらなる向上や次世代の太陽電池の開発などに注力し、再生可能エネルギーの主力電源化に貢献します。

また、原子力発電も、CO2を排出しない電源として脱炭素に貢献できる技術です。原子力関連事業に長年従事してきた当社は、その技術力で引き続き再稼働対応に尽力するとともに、小型炉や次世代炉の開発に注力します。

CO2を排出しない 説明画像

CCS(Carbon dioxide Capture and Storage)は、プラントから排出されるCO2を分離・回収・貯留する技術です。その中で、当社では、CO2分離回収技術の確立と推進に取り組んでいます。CCU(Carbon dioxide Capture and Utilization)は、排出されたCO2を原料として有効活用する技術です。

水素は幅広い分野での利活用が期待されていますが、例えば、CCSで回収されたCO2を再エネ由来の電力で分解し水素と組み合わせることで再び資源化する「P2C(Power to Chemicals)」というカーボンリサイクル技術の開発にも積極的に取り組んでいます。

回収/活用 説明画像

再生可能エネルギーは、時間や天候、季節などの自然環境により出力が変動します。安定的な供給のためには、さまざまなエネルギーを組み合わせて平準化するための技術が必要で、供給側だけでなく、需要家の需要量も踏まえた調整が必要です。

東芝は蓄電池や揚水発電などの貯める技術に加え、地域/マイクログリッドにおける水素利活用、デジタル技術による賢いエネルギーマネジメントと長年培ってきた系統技術、遠隔地からの電気をロスが少なく送電できる直流送電などで、系統安定を維持した再生可能エネルギーの導入促進に寄与します。水素に関しては、余剰な電力を水素に変換し、必要な時・場所・目的で利用する「P2G(Power to Gas)」の実用化に向けた取り組みも進めています。

エネルギー調整 説明画像

特集・トピックス

「国際宇宙探査シンポジウム2021」に於いて、パネリストとしてパネルディスカッションに参加しました。
講演:日経社会イノベーションフォーラム 「カーボンニュートラル実現のための水素実装 グローバル連携での水素バリューチェーン」(日本経済新聞社、日経BP主催)
ファーストプラズマが未来を灯す! 核融合発電「地上の太陽」の夢(後編)
ファーストプラズマが未来を灯す!核融合発電「地上の太陽」の夢(前編)
講演:水素閣僚会議2020
(主催:経済産業省/NEDO)
「第9回 ふくしま再生可能エネルギー産業フェア2020」
東芝ブースへのご来場、誠にありがとうございました。
福島から未来を照らす! 水素エネルギーの最前線
使用済みプラスチックからエネルギー!? 「水素ホテル」の前例なき挑戦
講演:日経社会イノベーションフォーラム 「水素エネルギー社会の実装とグローバル連携」(日本経済新聞社、日経BP主催)
携帯の電波が届かない奥地、危険な山道 LPIS™なら人手を介さずデータを収集
再エネを利用した世界最大級の水素製造施設「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」の開所式を開催しました。
特別講演 「コージェネシンポジウム2020」(コージェネ財団主催)
島田CDOインタビュー「CPSテクノロジー企業への挑戦」
当社のCCS事業が環境省のwebサイトで紹介されました。
CO₂(二酸化炭素)は回収して 大気への放出を防ごう
持続可能で環境に調和した エネルギーへの期待
NEDOから取材を受けました。「ハウステンボス様向けH2One™紹介」
東芝がソリューション提案する アフリカのエネルギー
「令和元年 電気学会 電力・エネルギー部門大会」 へ出展しました
「地球へ社会へ未来へ G20イノベーション展」に出展しました。
東芝レビュー論文【トレンド】グリーンエネルギーアグリゲーションへの取り組み
「世界水素技術会議(WHTC)2019 東京都特別プログラム」に於いて、パネリストとしてパネルディスカッションに参加しました。
世界のエネルギー事情を変える技術 「直流送電」は何がすごい?
対応の準備はできている? 電力自由化の次の改革へ
見えない発電所 バーチャルパワープラントとは?
「スマートエネルギーWeek 2019」 に出展します
「第15回 国際 水素・燃料電池展(FC EXPO 2019)」
東芝ブースへのご来場、ありがとうございました。
「第7回 ふくしま再生可能エネルギー産業フェア2018」
東芝ブースへのご来場、誠にありがとうございました。
福井県敦賀市と「水素サプライチェーン構築に関する基本協定」の締結式を行いました。
東芝が提案する最新鋭の高効率コンバインドサイクル発電システム
世界最大級・インドネシア・サルーラ地熱発電所で活躍する
東芝のコンバインド型地熱発電設備
佐賀市発で世界初
最先端のCO2分離回収プラント
スカイツリーより高い!?
落差714メートルの
揚水発電所
イタリア〜モンテネグロ間400kmを繋ぐ高電圧直流送電(HVDC)を実現する
<第1回> 仕様決定は未来を見据えた土台作り

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP