あなたは医療従事者ですか?

本サイトは、東芝の粒子線治療装置に関する情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承下さい。

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

製品・技術サービス

トップページ粒子線治療装置 > 製品・技術サービス > 照射技術/ガントリー

重粒子線がん治療の可能性を広げる技術

  • 難治性がんの治療に貢献する先進技術
  • 東芝がこだわる、重粒子線がん治療とは
  • 理想のがん照射を目指す
  • お客様の理想に応えた東芝の先進技術
  • 先進技術で重粒子線がん治療をより身近なものに

私たちは、お客様とともに重粒子線がん治療の新しい可能性の実現に向けて、最先端技術を取り入れた装置を提供します。 重粒子線呼吸同期3次元スキャニング照射および超伝導回転ガントリー技術でより線量集中性を高めることができ、治療の可能性が広がりました。

(治療対象は固形がん及び脳腫瘍)

複雑ながん形状に高精度照射

ペンシル状のビーム照射技術

東芝が開発した3次元スキャニング照射は、重粒子線を細いペンシル状に絞ったビームにして照射し、がん病巣を素早くペンで塗りつぶすようにして照射する方法です。 これにより、複雑な形をしたがん病巣にも対応できるほか、照射されたビームが無駄なくがん病巣に当たることで高精度かつ効率的な治療ができるという利点があります。

ペンシル状のビーム照射技術
神奈川県立がんセンター殿ご提供

実際の照射の様子

患者様の治療の様子は、東芝独自のビームモニタリングシステムで観察することができます。 3次元スキャニング照射ビームががん病巣を塗りつぶすときの、スライス面ごとの照射位置と粒子フルエンスの様子が、リアルタイムにモニターに表示されます。 医療スタッフの皆様に評判の良いシステムです。

呼吸により動く臓器への対応

「肺がん」 「肝臓がん」

量研/放医研殿ご提供

呼吸同期照射システム

日本で行われている重粒子線がん治療のうち多くが、肺、肝臓、すい臓などの呼吸にともなって動く臓器への適応症例です。 東芝は、斜めX線撮像装置により取得されるリアルタイム透視画像を用いた呼吸同期技術と、リスキャンとよばれる照射技術を組み合わせることによって、 速く、正確で、線量均一性の高い照射を動く臓器に対しても実現しました。

がん病巣以外への線量を抑制

量研/放医研殿ご提供

回転ガントリー

東芝は、超伝導技術を用いて重粒子線がん治療における世界最小*の回転ガントリーを実現しました。 360°回転することで任意の方向からがん病巣を狙えるようになりました。
※2017年10月1日現在

回転ガントリーは以下のメリットがあります。
・正常な組織を避け、任意の方向から照射が可能
・患者様の負担を軽減
・患者様の体位を再現し易く、計画通りの治療が行える
・位置決め時間の短縮

安全な治療を実現する装置設計

患者様の安全を第一に考え、治療システムにかかわるすべての機器についてパラメータや状態を常に監視しています。 万が一異常を検知した場合には、迅速にビーム供給を停止するインターロックシステムを設けています。 また、ヒューマンエラーを抑制するよう設計されたユーザーインターフェイスにより、医療スタッフの皆様にも安心してご利用頂けます。

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP