検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

製品・技術サービス

トップページ水素エネルギー製品・技術サービス > 水素エネルギーマネジメントシステム

様々な情報を監視して自動で運転を制御する

  • 様々な情報を監視して自動で運転を制御する

 水素の特長は、再生可能エネルギーから生成できる自給可能な安定したエネルギーであること、生成過程においてCO2を排出しないクリーンなエネルギーであること、長期間安定保存でき必要なときに利活用できるエネルギーであることです。その特長を活かし、「いつものとき」は、H2EMS™が発電状況や電気の使用量、温水、水素製造量や貯蔵量などを監視し、自動で最適に運転を制御します。また、災害時などの「もしものとき」には、備蓄した水素を用いることで系統電源に頼ることなく、自立して電力と温水を安定的に供給します。

H2EMS™によって再生可能エネルギーを有効活用

発電量を最大限に活用

東芝では、再生可能エネルギーを有効活用するために日々研究を進めています。東芝独自のH2EMS™により水素の「つくる」「ためる」「つかう」を統合管理して、発電量を最大限に活用できるようコントロールします。

水素EMSイメージ

東芝が培ってきた電力EMS技術を応用

水素エネルギー研究開発センターでは

太陽光発電の出力変動吸収や、需要予測にそった燃料電池と蓄電池の制御を行い、水素エネルギーシステムを適切に運用できます。また、各装置の性能や特性を検証するための基礎データを収集し、今後の需要予測に役立てます。

水素EMS画面イメージ

CO2フリーの水素社会実現の未来に向けて

東芝は、H2EMS™にAI、IoT技術を合わせて、さらに高い技術を目指してまいります。これまで培ってきたエンジニアリング力を活用して水素を使って発電する燃料電池技術だけでなく、太陽光発電や蓄電池、水素製造技術、エネルギーマネジメントシステムを統合して社会に提供していきます。

CO2フリーの水素社会実現の未来に向けて

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP