検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

製品・技術サービス

トップページ水素エネルギー > 製品・技術サービス > 東芝のCO2フリー水素技術

二酸化炭素を排出しない究極のクリーンエネルギー

  • 二酸化炭素を排出しない究極のクリーンエネルギー
  • 東芝の水素ソリューション

 東芝は、水素をつくるところから、ためる、そして、つかうところまで、ワンストップで行うことが出来ます。これは、東芝が創業以来、エネルギーのリーディングカンパニーとして育んできた再生可能エネルギーによる発電技術、水素を効率的に利活用するノウハウを活かすことによって実現させました。

日本が抱える問題

 日本は3つのエネルギー問題を抱えています。ひとつは日本のエネルギー自給率。エネルギー消費量が世界第5位であるにもかかわらず、エネルギー自給率はわずか6%です。先進国の中でも、ひと際大きなエネルギーの供給リスクを抱えています。さらに、日本のCO2排出量は12.2億トンで、国別では、世界で5番目です。現在再生可能エネルギーの導入が積極的に進められていますが、風力や太陽光は気象条件に左右されるという不安定性が課題となっております。

  • エネルギー自給率

    エネルギー自給率

    OECD加盟国34ヵ国中33位
    IEA Energy Balance of OECD Countries 2016

  • CO2排出量

    CO2排出量

    国別CO2排出量 第5位
    エネルギー・経済統計要覧 2015年版

  • 不安定な自然エネルギー

    不安定な自然エネルギー


CO2フリー水素ができること

 CO2フリー水素は、太陽光や風力、そして水からつくることができます。資源を輸入に依存する必要がありません。また発電時に二酸化炭素を排出しない究極のクリーンエネルギーです。さらに、気体、液体、様々な形態で貯蔵することができるCO2フリー水素は、これまで蓄えることが出来なかった再生可能エネルギーを安定した状態で貯蔵すること、運搬することが可能になりました。電気を使う際に発生する熱を燃料電池や熱エネルギーなどに利用することによって、高いエネルギー効率も実現しています。

  • 自給できるエネルギー

    自給できるエネルギー

    再生可能エネルギーによる
    輸入に頼らないエネルギー資源

  • CO2を排出しない

    CO2を排出しない

    二酸化炭素を排出しない
    究極のクリーンエネルギー

  • 貯められるエネルギー

    貯められるエネルギー

    高いエネルギー変換効率で
    長期間の電力貯蔵を実現


国内の水素事業は2020年以降に急増

東芝のCO2フリー水素技術

 東芝は、水素をつくるところから、ためる、そして、つかうところまで、ワンストップで行うことが出来ます。これは、東芝が創業以来、エネルギーのリーディングカンパニーとして育んできた再生可能エネルギーによる発電技術、水素を効率的に利活用するノウハウを活かすことによって実現させました。

二酸化炭素を排出しない究極のクリーンエネルギー

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP