検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

製品・技術サービス

トップページ > 水素エネルギー > 製品・技術サービス > 東芝水素エネルギー事業について

東芝水素エネルギー事業について

  • 二酸化炭素を排出しない究極のクリーンエネルギー
  • 1967年 燃料電池に関する研究で佐野進歩賞受賞
  • 1978年 リン酸形50kW試験プラント 日本で初めて発電に成功
  • 1991年 リン酸形11MWプラント実証装置納入(東京電力五井火力発電所内)(当時世界最大)
  • 2005年 200kW燃料電池を世界最大規模の循環型新エネルギーシステムの実証実験に参加(愛知万博)
  • 2013年 産業用まで幅広くカバーする純水素燃料電池H2Rex™シリーズ
  • 2014年 つくる・ためる・つかうを一体化した自立型水素供給システムH2One™の販売開始

今、地球温暖化の防止に向けて、CO2排出量削減が求められています。水素はエネルギーをつくる際にCO2を排出しないことで注目されているエネルギーです。東芝が創業以来エネルギーのリーディングカンパニーとして育んできた発電技術の一つである水素を効率的に利活用するノウハウを活かしてクリーンなエネルギーの供給を実現します。

日本が抱えるエネルギー問題

日本はエネルギー自給率が低く、他国からの輸入に依存している状態です。また、CO2排出量が高く、低減が求められています。

輸入に頼らない、かつ、CO2を発生しないエネルギーが必要です。

エネルギー自給率とCO<sub>2</sub>排出量

再生可能エネルギーへの期待

これらの課題を解決するため、再生可能エネルギーへの期待が高まっています。しかし、再生可能エネルギーには出力が気象条件に寄って変化するものなど、出力が不安定なものがあります。

電力供給が不安定な再生可能エネルギーを安定して需要家に届けるシステムが必要です。

エネルギー基本計画の推進

水素の役割

この様な再生可能エネルギーのもつ課題に対し、水素がソリューションとなります。

水素に期待される役割は以下の二つです
 ●再エネを年間を通じて安定して供給できるエネルギー貯蔵能力
 ●余剰再エネを水素を介して多目的利用できるエネルギー転換機能

東芝は、水素の貯蔵と転換の能力を利用した水素システムを提供しています。

Li-ionバッテリーとH2One™のエネルギー貯蔵能力

再エネ発電量と電力需要

上の図をクリックするとP2G水素サプライチェーンのページに移動します。(別ウインドウで開きます)

東芝水素の特徴

東芝は、再エネの余剰電力を利用して水から水素を取り出すことで、CO2ゼロエミッションのサイクルとなる水素エネルギーを活用したソリューションを提供しています。

水素をつくる・ためる・つかう全てのサイクルでCO2フリーなグリーン水素で地球温暖化防止に貢献します。

二酸化炭素を排出しない究極のクリーンエネルギー

東芝水素の歴史

東芝は1960年代に燃料電池システムの開発を開始以来、水素に関わる技術開発を進めて参りました。

東芝水素の歴史

関連リンク:
東芝未来科学館 学ぶ(ヒストリー)1号機ものがたり
世界最大規模11MW燃料電池発電プラント

水素エネルギー事業について見学施設のご紹介

水素エネルギー事業について、下記施設にてご紹介しております。

水素エネルギー利活用センター

水素エネルギー利活用センター

水素エネルギー研究開発センター

水素エネルギー研究開発センター

関連記事

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP