検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

製品・技術サービス

トップページ > 水素エネルギー > 製品・技術サービス > P2G水素サプライチェーン

P2G水素サプライチェーン

  • 電力を水素で運ぶ新たなエネルギーネットワーク
  • メガソーラーを利用して大量に水素を製造し、必要な場所へ提供する
  • 未利用の再エネで水素を製造。町へ運んで使う
  • 再エネから作った水素を必要な場所に配送し、フォークリフトなどの燃料として利用する

再生可能エネルギーの余剰エネルギーを水素に換えることで貯蔵・輸送が可能となり、再生可能エネルギーのムラを補うエネルギーのネットワークを構築することができます。また、燃料や材料として利用することが可能となり、再エネを有効利用することができます。私たちは再エネを利用したCO2フリーの水素サプライチェーンを提供しています。

再エネが主流になる時代

CO2の排出量を削減するためには、再生可能エネルギーの導入が不可欠です。しかし、再生可能エネルギーには、気象条件などに左右されて供給が不安定なものが多く、再エネが主流になる時代には抑制される電力が多く発生することが予想されます。

再エネの利用率を上げるためには余剰分の活用が必要です。

現在と2030~

P2G 東芝水素サプライチェーン

余剰電力を水素などのガスに変換することをPower to Gas(P2G)と言います。抑制されるエネルギーを一旦水素に換えておけば、必要な時・場所・目的で利用することが可能となり、 下記の様な効果が期待できます。

 ●再エネ導入の系統制約緩和
 ●余剰再エネの活用
 ●系統の調整力
 ●火力・原子力の出力緩和
 ●エネルギー国産化率向上

P2G東芝水素サプライチェーン

持続可能な社会に向けて

地球をより良い状態で未来に引き継ぐためにはCO2を排出しないエネルギーを利用し、かつ、エネルギーを無駄なく利用することが重要です。様々なエネルギーを、利用する時間・場所を考えてトータル的にマネージメントすることで、持続可能で活性化された地域づくりに貢献します。

持続可能な社会に向けて

P2G東芝水素サプライチェーンの利用

例えば、メガソーラーを利用して大量に水素を製造し、必要な場所へ提供する。

       

【取組例】再エネを利用した世界最大級の「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」
(別ウインドウで開きます)

メガソーラーを利用して大量に水素を製造し、必要な場所へ提供する

例えば、未利用の再エネで水素を製造。町へ運んで使う。

       

【取組例】北海道釧路白糠地区における水素サプライチェーンを構築する実証実験
(別ウインドウで開きます)

未利用の再エネで水素を製造。町へ運んで使う

例えば、再エネから作った水素を必要な場所に配送し、フォークリフトなどの燃料として利用する。

       

【取組例】京浜臨海部における「低炭素水素」利活用実証プロジェクト
(別ウインドウで開きます)

再エネから作った水素を必要な場所に配送し、フォークリフトなどの燃料として利用する

持続可能な地域づくり・地域の活性化に向けたスマートなエネルギーの使い方を考えませんか?

ご相談はこちら

関連記事

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP