検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

製品・技術サービス

トップページ水素エネルギー製品・技術サービス > 水素サプライチェーン

電力を水素で運ぶ新たなエネルギーネットワーク

  • 電力を水素で運ぶ新たなエネルギーネットワーク

 燃料電池自動車や定置型燃料電池、水素ガスタービン発電の普及など、本格的な水素社会の実現に向けては、エネルギー需要の大きい都市部でのCO2フリー水素の安定供給が不可欠です。再生可能エネルギーを利活用する際の課題として、大きく自然条件に左右されやすいことが挙げられます。私たちは、これらの課題を解決し、再生可能エネルギーを活用したCO2フリーの水素サプライチェーンを中心に構築するソリューションを提供していきます。

再生可能エネルギーの需給ギャップを解消

余剰電力を有効活用

再生可能エネルギーを系統連系する際、天候や時間・季節により需給が変動する点が問題となります。再生可能エネルギーの余剰分で水素を製造・貯蔵することにより、有用なエネルギーに変換することができます。

再生可能エネルギーの需給ギャップ

大規模な系統インフラを構築せずにグリッドを整備

系統のピークカット/シフトを実現

東芝が提供する水素サプライチェーンでは、再生可能発電設備の近くで、系統に流しきれない電力を水素に変えることにより、余剰電力を有用なエネルギーへと変換します。そのため、発電容量の最大値に合わせた系統網の増強をせずにグリッドの整備ができます。

系統のピークカット/シフトを実現

大容量で安価な水素を世の中へ提供

水素社会の実現に向けて

系統の技術と、水素の技術と、さらに再生エネルギー技術、そしてそれらを最適にコントロールしていくEMS技術の融合により、不安定な再生可能エネルギーの余剰分を水素に変えていく。そして、エネルギー需要が大きいエリアで年間をとおして安定的に水素を供給していく。これが、東芝のCO2フリー水素サプライチェーンです。

水素社会の実現に向けて

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP