検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページ > プレスリリース&ニュース

2018年

  • kv-bg.png
    プレスリリース2018年5月17日

    「放射性廃棄物の処理方法」が「21世紀発明賞」を受賞

    理化学研究所(理研)と東芝エネルギーシステムズ株式会社、日本原子力研究開発機構、科学技術振興機構の特許「放射性廃棄物の処理方法(特許第6106892号)」が、公益社団法人発明協会「平成30年度全国発明表彰」の「21世紀発明賞」を受賞しました。受賞した発明は、高レベル放射性廃棄物に含まれる半減期の長い...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年5月 7日

    ケニア大手リース会社との地熱発電案件における協業に関する覚書を締結

    当社は、ケニアの大手リース会社であるレントコと地熱発電案件における協業に合意し、本日、覚書を締結しました。本覚書に基づき、当社は、ケニアをはじめレントコが開発を目指す地熱発電案件向けに小型発電設備の供給を目指します。レントコは、アフリカにおいて小売、製造、医療、教育、鉱業、建設、財務など幅広い分野で...
    開く
  • プレスリリース2018年5月 3日

    仏・バンシコンストラクションとアフリカにおける水力・地熱発電案件の開発で協業

    当社は、フランスの大手総合建設会社のVINCIS.A.のグループ会社であるVINCIConstruction(以下、バンシコンストラクション)とアフリカにおける水力・地熱発電案件の開発に関して、発電所建設に関わる設計・エンジニアリング・製造・建設にわたる戦略的協力関係を構築することに合意し、覚書を締...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年5月 3日

    マラウイ共和国天然資源エネルギー環境省との地熱発電事業における協業に関する覚書締結について

    当社は、マラウイ共和国天然資源エネルギー環境省(MinistryofNaturalResources,EnergyandMining)と地熱発電事業における包括的な協業に合意し、本日、覚書を締結しました。本合意に基づき、両社は、マラウイ共和国(以下、マラウイ)における地熱発電事業や人材育成を共同で進...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    お知らせ2018年4月18日

    第6回中国(上海)国際技術輸出入交易会において水素エネルギー関連技術を紹介

    当社は、中国上海市において2018年4月19日(木)から21日(土)にかけて開催される「第6回中国(上海)国際技術輸出入交易会」(以下、「上交会」)の横浜市ブースに共同出展し、当社の水素エネルギーに関する技術や製品を紹介します。本展示会は、中国随一のモノの輸出入展示会である広東省の広州交易会(広交会...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年4月13日

    南相馬市 真野・右田・海老地区における太陽光発電所建設工事の竣工について

    住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)が、福島県南相馬市真野・右田・海老地区において、ソーラーパワー南相馬・鹿島株式会社(以下、「SPC」)を通じて開発中の太陽光発電事業(以下、「本事業」)につきまして、発電所建設工事が竣工し、2018年3月20日に商...
    開く
  • 01-kv-bg.jpg
    プレスリリース2018年4月 2日

    一体輸送が可能な新形550kVガス絶縁開閉装置の初出荷について

    当社は、昨年12月、550kV級のガス絶縁開閉装置(以下、GIS)として世界で初めて一体輸送が可能なGISを開発しましたが、このたび、浜川崎工場で製造を完了し、東京電力パワーグリッド株式会社の新信濃変電所向けに2018年3月29日に初出荷しました。本製品は、GIS一式がトレーラー1台に積載できるため...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年3月30日

    中部電力西名古屋火力発電所が総合運転を開始

    当社が建設工事を担当した中部電力西名古屋火力発電所7-2号がこの度運転を開始し、7-1号機とあわせて総合運転が開始されました。西名古屋火力発電所は、3台のガスタービンに対して1台の蒸気タービンを組み合わせた多軸式コンバインドサイクル発電方式を採用した発電設備を持つ7-1号と7-2号からなる発電所です...
    開く
  • 01-key.jpg
    プレスリリース2018年3月29日

    韓国・延世大学校医療院から重粒子線がん治療装置を受注

    当社は韓国の大手医療企業DKメディカルソリューションとコンソーシアムを組み、本日、大韓民国(以下、韓国)の延世(ヨンセイ)大学校医療院(YonseiUniversityHealthSystem)から重粒子線がん治療装置を受注しました。当社として、海外で初めての受注となります。今回受注した装置は、固定...
    開く
  • お知らせ2018年3月28日

    振動診断技術者セミナー

    ISO18436-2準拠機械状態監視診断技術者(振動)資格認証試験は、ISO18436-2(Conditionmonitoringanddiagnosticsofmachines-Requirementsfortrainingandcertificationofpersonnel-Part2:Vib...
    開く

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP