検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > 岐阜県飛騨市小水力発電プロジェクトへの出資および発電機器一式の供給について

岐阜県飛騨市小水力発電プロジェクトへの出資および発電機器一式の供給について

ニュース

再生可能エネルギー

受注・納入

2015年2月 4日

株式会社東芝 電力システム社

 当社のグループ会社であるシグマパワーホールディングス合同会社(以下、シグマパワー)は、大和ハウス工業株式会社(以下、大和ハウス工業)と坂本土木株式会社(以下、坂本土木)と共同で岐阜県飛騨市内において開発を進める小水力発電プロジェクトへ出資し、3社で水力発電事業会社を設立しました。当社は本プロジェクトの機器供給を担当し、小水力用水車および発電機を2セット供給する予定です。

 今回参画するプロジェクトは、2017年11月までに岐阜県飛騨市に約1MWの小水力発電所2基を建設するもので、発電出力の合計は約2MW、年間発電電力量は約12,060MWhで、一般家庭の約2,600世帯(※)分の電力に相当します。当社は、2017年春頃から1MWの水車および発電機2セットを供給する予定です。大和ハウス工業は特定規模電気事業者として法人企業向けに電力の販売を担当し、現地工事は坂本土木が担当します。

 当社は、水力発電において様々な流量・落差・出力帯に応じた水車・発電機の納入実績を持ち、中小水力の分野においても、豊富な納入実績・ノウハウに基づく短工期の実現や高性能機器の提供、計画段階からアフターサービスまでのサポート体制などが評価されています。国内の中小水力市場は、2012年7月の再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)開始以降、リプレース(一式更新)を主体として堅調に推移しています。今般、飛騨の新設・小水力発電プロジェクトに参画することで、再生可能エネルギーの普及に貢献するとともに、プロジェクトを通じて得た知見を活用することで、当社グループの水力発電機器事業の更なる拡大を図ります。

※経済産業省資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ」掲載の数値(家庭の一世帯あたりの全消費電力量を4,734kWh/年とした場合)から算出

発電プロジェクト概要

発電プロジェクト概要
プロジェクト名 (仮称)DTS飛騨水力発電所
所在地 岐阜県飛騨市宮川町菅沼地区
発電出力 1,969.5キロワット (第一発電所:970キロワット、第二発電所:999.5キロワット)
営業運転開始 2017年11月(予定)

特定目的会社の概要

特定目的会社の概要
社名 DTS飛騨水力発電株式会社
所在地 岐阜県飛騨市古川町宮城町 443-1
設立日 2014年12月22日

以上

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP