検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > ハウステンボスから自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」を受注

ハウステンボスから自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」を受注

再生可能エネルギーと水素でホテル1棟の年間電力量を供給

プレスリリース

水素エネルギー

受注・納入

2015年10月 7日

 当社は、ハウステンボス株式会社(以下、ハウステンボス)から、2016年3月にオープン予定のスマートホテル「変なホテル」第二期棟に設置する自立型水素エネルギー供給システム「H2OneTM」を受注しました。当社として初めての受注となります。

 今回受注した自立型水素エネルギー供給システム「H2OneTM」はリゾートモデルとして展開しているもので、エネルギーインフラが十分整っていない地域においても、再生可能エネルギーと水素を活用して、ホテル・リゾート施設内のエネルギーを自給自足できる自然環境に配慮したCOフリーの自立型水素エネルギー供給システムです。日照時間が長い夏季に太陽光発電で発電した電気の余剰電力を利用し、水素製造装置で水素を製造して、水素タンクに貯蔵します。冬季にその貯蔵した水素を利用して、燃料電池で発電することにより、年間を通じてホテル1棟分の電力量を供給します。

 特に今回導入する「H2OneTM」は、水素を高密度で貯蔵できる水素吸蔵合金を水素貯蔵タンクとして搭載することにより、従来利用していた水素タンクと比べて、貯蔵タンクのサイズを10分の1以下に小型化し、敷地面積が限られる場所への設置も可能としています。

 ハウステンボスの「変なホテル」は、第一期棟が2015年7月17日に開業し、第二期棟が2016年3月にオープン予定です。フロント、ポーター、クロークなどのホテル業務をロボットが行うなど様々な最先端技術を導入し、環境にも配慮したスマートホテルです。

 当社は多様なニーズに対応すべく、今後も自立型水素エネルギー供給システム「H2OneTM」をBCPモデル、リゾートモデル、離島モデル、事業所モデルなど水素地産地消型ソリューションとして展開していきます。当社は引き続き、様々な技術を組み合わせ、水素の製造から利活用までを実現する水素関連事業に注力していきます。

システムのイメージ図

コンテナパッケージの外観イメージ
コンテナパッケージの外観イメージ
システムの構成イメージ図
システムの構成イメージ図

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP