検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース

2016年

  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年12月19日

    東北電力向け自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」を受注

    当社は、東北電力株式会社(以下、東北電力)から、自立型水素エネルギー供給システム「H2One」は、太陽光発電設備、水素を製造する水電解装置、水素貯蔵タンク、純水素燃料電池、蓄電池、エネルギーマネジメントシステム(EMS)などから構成されています。太陽光により発電した電力の変動分や余剰電力を水電解装置...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.jpg
    プレスリリース2016年12月13日

    量研機構、住友重機械、東芝、日立製作所、三菱電機による第5世代量子線がん治療装置(量子メス)の開発協力に関する協定の締結

    国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長:平野俊夫以下、量研機構)と住友重機械工業株式会社(代表取締役社長:別川俊介以下、住友重機械)、株式会社東芝(代表執行役社長:綱川智以下、東芝)、株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原敏昭以下、日立製作所)、三菱電機株式会社(執行役社長:柵山正樹...
    別ウィンドウで開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年11月28日

    府中事業所に「水素エネルギー利活用センター」を建設

    当社は本日、府中事業所において「水素エネルギー利活用センター」の建設を開始しました。本センターは、再生可能エネルギー由来の水素を燃料電池車に供給する地産地消型水素供給システム「H2One事業所モデル」の営業活動に活用し、同モデルの工場、物流拠点、空港等への納入を目指します。「水素エネルギー利活用セン...
    別ウィンドウで開く
  • 01-topmovie.jpg
    ニュース2016年11月24日

    水素燃料電池船向けに純水素燃料電池を納入

    東芝エネルギーシステムズは、野村不動産グループのNREG東芝不動産株式会社と国立大学法人東京海洋大学から、両社が共同研究をしている実験船「らいちょうN」に搭載する純水素燃料電池を受注し、このたび納入しました。
    開く
  • 01-key.png
    ニュース2016年11月10日

    ラオス・ナムオウ第4水力発電所向け水車発電設備を受注

    当社グループ会社の東芝水電設備(杭州)有限公司(以下、東芝水電)は、ラオスのナムオウ川流域に建設されるナムオウ第4水力発電所向け44,000kW水車および水車発電機設備3セットを中国の大手国営企業である中国電建集団海外投資有限公司から受注しました。2018年3月から順次出荷し、2020年に運転を開始...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年11月 4日

    中国チェンウェイ発電所向け水力発電設備を受注

    当社の中国におけるグループ会社で水力発電設備の製造、販売、保守サービスを行う東芝水電設備(杭州)有限公司(以下、東芝水電)は、中国国営企業の四川岷江港航電開発有限責任公司(以下、四川港航)から55.6MWのバルブ式水車および水車発電設備5セットを受注しました。2017年2月に納入を開始する予定です。...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年11月 1日

    世界初の直接燃焼方式による超臨界CO2サイクル火力発電システムのパイロットプラント向けタービンを出荷

    当社は、米国・テキサス州で建設中である、世界初の直接燃焼方式による超臨界注CO2サイクル火力発電システムのパイロットプラント向けに、出力25MWのタービンを本日出荷しました。本プラントは、高効率発電と高圧なCO2の回収が同時に実現できる火力発電システムであり、当社は2012年度から米国のネットパワー...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    ニュース2016年10月26日

    電力システム改革に対応した火力発電計画作成システムについて

    当社は、一般社団法人火力原子力発電技術協会が10月27日に香川県高松市にて主催する、「平成28年度火力原子力発電大会(四国大会)」にて、東京電力フュエル&パワー(株)(以下、東京電力FP)向けに開発・提供した火力発電計画作成システムについて、東京電力FPと共同で開発成果を発表します。当社は、東京電力...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年9月29日

    世界最大規模の水素エネルギーシステムの開発検討に着手

    株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長:綱川智、以下、東芝)、東北電力株式会社(本社:宮城県仙台市、取締役社長:原田宏哉、以下、東北電力)、岩谷産業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:野村雅男、以下、岩谷産業)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    ニュース2016年9月16日

    住宅用太陽電池モジュールの新製品発売について

    当社は、太陽電池モジュールの新製品として「Sシリーズ」345Wモデル・253Wモデル、「Jシリーズ」240Wモデル、「GXシリーズ」255Wモデルの3シリーズ4製品を10月11日から順次販売します注1。従来からの高効率製品に加え低価格帯のモジュールのラインアップを拡充することにより、顧客ニーズの多様...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年9月16日

    住宅用太陽光発電システムの広告イメージキャラクターに有村架純さんを起用

    当社は、住宅用太陽光発電システムの広告イメージキャラクターに、有村架純さんを起用します。女優として活躍中の有村さんは、当社パーソナルストレージ製品の広告イメージキャラクターを現在務めており、太陽光発電システムの広告イメージキャラクターとしても起用することで、当社製品の明るく親しみのあるイメージを強化...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年9月13日

    トルコ・クズレデレ第3地熱発電所2号機向けに蒸気タービンおよび発電機を受注

    当社は、トルコの大手電力事業者ゾルルエナジーグループがトルコ西部に建設を予定しているクズレデレ第3地熱発電所2号機向けに、約5万kWの蒸気タービン・発電機を受注しました。クズレデレ第3地熱発電所2号機は、約5万kWのフラッシュ型発電設備注1と約2万kWのバイナリー型発電設備注2を組み合わせた、約7万...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年8月30日

    当社グループが発電設備を納入した中国清遠揚水発電所の営業運転開始について

    当社グループ会社の東芝水電設備(杭州)有限公司(以下、東芝水電)が中国南方電網調峰調頻発電公司の清遠揚水発電所向けに納入した32万kW揚水発電設備4セットがこのたび全台営業運転を開始し、本日営業運転開始式が開催されました。今回納入したのは、32万kWのポンプ水車、発電電動機および各種付帯設備4セット...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年8月27日

    ウガンダエネルギー鉱物開発省との地熱発電事業における協業に関する覚書締結について

    当社は、ウガンダのエネルギー鉱物開発省(MinistryofEnergyandMineralDevelopment)と地熱発電事業における包括的な協業に合意し、覚書を締結しました。今回の合意に基づき、両社は、ウガンダにおける地熱発電事業や人材育成を共同で進めていきます。なお、本覚書に関する調印式は、...
    別ウィンドウで開く
  • 01-kv-bg.jpg
    プレスリリース2016年8月25日

    ケニア電力電灯会社との電力の安定供給を実現する送配電機器導入に向けた覚書締結について

    当社のインド現地法人である東芝電力流通システム・インド社(以下、TTDI)は、ケニアの送配電会社であるケニア電力電灯会社(KenyaPowerLightingCo.,、以下、KPLC)と、送配電網における電力損失を低減し、電力の安定供給を実現するとともに環境に配慮した製品の導入に向けて検討を開始する...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年8月22日

    インド国産 超臨界石炭火力発電所向け大型蒸気タービン発電機を初出荷

    今回出荷した設備は、2012年にインド火力発電公社(NTPC)からEPC注で受注した出力80万キロワットの蒸気タービン発電設備における発電機です。今般、全ての試験を完了し、タミルナドゥ州政府および日本政府関係者の支...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年8月10日

    佐賀市清掃工場向け二酸化炭素分離回収プラントが稼働を開始

    当社が佐賀市清掃工場に納めた二酸化炭素分離回収プラントが、今月26日から稼働します。本プラントは、清掃工場で商用利用される世界初注の二酸化炭素分離回収プラントで、ごみ処理過程で発生する排ガスから二酸化炭素を分離回収します。回収した二酸化炭素は藻類の培養や農作物の栽培等に活用するために、佐賀市が事業者...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年8月 9日

    ジブチ地熱開発公社との地熱発電事業における協業に関する覚書締結について

    当社は、ジブチ地熱開発公社(OfficeDjiboutiendeDeveloppmentdelenergieGeothermique)と、地熱発電事業における包括的な協業に合意し、覚書を締結しました。今回の合意に基づき、両社は、ジブチ共和国における地熱発電事業や人材育成を共同で進めていきます。同社は...
    別ウィンドウで開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年8月 8日

    トクヤマからCO2 フリーで出力100kWの大型純水素燃料電池システムを受注

    当社は、総合化学メーカーの株式会社トクヤマ(以下、トクヤマ)から、出力100kWの純水素燃料電池システムを受注しました。当社が100kWクラスの大型純水素燃料電池システムを受注するのは初めてです。今回受注した製品は、2017年2月に納入され、トクヤマが運営する山口県周南市のプールに設置されます。運転...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年7月26日

    大規模CO2分離・回収技術の実証事業を開始

    株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長:綱川智、以下東芝)とみずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤順一、以下みずほ情報総研)をはじめとする13法人注1は、このたび、環境省が公募する「環境配慮型CCS注2実証事業」に採択されました。本実証事業は、2016年度から20...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    ニュース2016年7月21日

    国立科学博物館の特設展示「日本の先端科学技術の紹介」への出展について

    当社は、一般社団法人日本機械学会が7月26日から国立科学博物館にて開催する特設展示「日本の先端科学技術の紹介」に、2015年度日本機械学会賞(技術)注1を受賞した「大容量可変速揚水発電システム」を、東京電力ホールディングス株式会社(以下、東京電力)と共同で出展します。「大容量可変速揚水発電システム」...
    開く
  • ニュース2016年7月20日

    キリンビールと初めての共同工場見学企画「貸切リムジンで行く夏の工場見学 操業90年を超えた工場のモノづくりを親子で学ぼう!」を開催

    当社は、キリンビール株式会社(以下、キリンビール)横浜工場と、初の共同開催となる工場見学企画「貸切リムジンで行く夏の工場見学操業90年を超えた工場のモノづくりを親子で学ぼう!」を8月24日(水)に実施します。本企画では、当社の京浜事業所とキリンビールの横浜工場の工場見学を実施します。京浜事業所では、...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年7月14日

    水素の製造能力が国内最大のアルカリ水電解式水素製造装置を開発

    当社は、1時間で燃料電池自動車(FCV)2台分の燃料にあたる約100Nm3注1の水素を製造可能なアルカリ水電解式注2の水素製造装置を開発しました。本装置の水素製造量は、アルカリ水電解式の中では日本最大注3です。今年度中の販売開始を予定しており、大量の水素を製造できる特長を活かしてさまざまな水素インフ...
    別ウィンドウで開く
  • 01-kv-bg.jpg
    プレスリリース2016年7月11日

    インドにおける送電会社向け大型変圧器およびガス絶縁開閉装置の受注について

    当社のインド現地法人である東芝電力流通システム・インド社(以下、TTDI)は、この度、インドの国営送電会社向けに同国最大電圧である765kVの大型変圧器7台を受注しました。アンドラプラデッシュ州にあるカッダパー変電所に設置される予定です。また、今年春には同国オリッサ州送電公社から、同州内に建設予定の...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年7月 6日

    「仮想の発電所」(バーチャルパワープラント)構築へ向けた公民一体となった基本協定の締結について

    横浜市東京電力エナジーパートナー株式会社株式会社東芝本日、横浜市(横浜市長:林文子)、東京電力エナジーパートナー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小早川智明、以下「東京電力EP」)および株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長:綱川智、以下「東芝」)の3者は、横浜市内における「仮想の...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    ニュース2016年5月30日

    欧州・中東最大級の地熱発電プロジェクト向け蒸気タービン・発電機を受注

    当社は、トルコの大手電力事業者ゾルルエナジーグループがトルコ西部に建設を予定している欧州・中東最大級となるクズレデレ第3地熱発電所向けに、約7万キロワットの蒸気タービン・発電機等フラッシュ型発電設備一式を受注しました。2016年12月から納入する予定です。クズレデレ第3地熱発電所は、地中からの蒸気を...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年5月26日

    ベトナムの石炭火力発電所向けに蒸気タービンおよび発電機を受注

    当社は、ベトナム電力公社(EVN)が計画するビンタン4石炭火力発電所拡張プロジェクト向けに、蒸気タービンおよび発電機を受注しました。EVNとEPC注1契約を締結した三菱商事株式会社と韓国の斗山重工業のコンソーシアムから受注したもので、2018年1月から納入を開始します。本拡張発電所は、2019年に運...
    別ウィンドウで開く
  • kv-bg.png
    ニュース2016年5月25日

    重力波望遠鏡KAGRAへの技術貢献について

    当社は、国立大学法人東京大学宇宙線研究所が中心となり建設を進めている大型低温重力波望遠鏡・KAGRA(以下、KAGRA)向けに、低温・真空状態を作り出すための大型装置「クライオスタット」を納入し、KAGRAの計画に貢献しています。KAGRAは、3月25日に試験運転を開始し、2017年度から本格的な運...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年5月20日

    南相馬市における太陽光発電事業について

    住友商事株式会社株式会社みずほ銀行株式会社東芝大成建設株式会社住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴、以下「住友商事」)は、福島県南相馬市右田・海老地区および真野地区において、ソーラーパワー南相馬・鹿島株式会社(以下、「SPC」)を通じ、太陽光発電事業(以下「本事業」)を行います...
    別ウィンドウで開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年4月25日

    自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」の車載モデルを開発

    当社は、自立型水素エネルギー供給システム「H2One」BCP(※)モデルの貯蔵能力を維持しながらも小型化することで、機動性を高め、災害時には被災地に短時間で...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年4月21日

    横浜市港湾局向け自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」が運転を開始

    当社が昨年11月に横浜市港湾局の横浜港流通センター向けに受注した自立型水素エネルギー供給システム「H2One」は、BCP注1対策向けに展開しているもので、自治体として運転を開始した初の事例となります。災害時にライフラインが寸断された場合でも、平常時にタンクに貯めておいた水素を燃料電池で...
    別ウィンドウで開く
  • 01-kv-bg.jpg
    プレスリリース2016年4月20日

    ケニア電力電灯会社から配電用変圧器を受注

    当社のインド現地法人である東芝電力流通システム・インド社(以下、TTDI)は、ケニアの送配電会社であるケニア電力電灯会社(KenyaPowerLightingCo.,、以下、KPLC)から、配電用変圧器を約8,000台受注しました。受注金額は34百万米ドル(約40億円)です。今回受注したのは、各発電...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年4月11日

    インドネシアの超々臨界石炭火力発電所向けに蒸気タービンおよび発電機を受注

    当社は、インドネシア電力公社(以下、PLN)がジャワ島バンテン州で進めるロンタール拡張石炭火力発電所プロジェクト向けに、EPC注1契約を結んだコンソーシアム注2のリーダーである住友商事株式会社から、超々臨界圧方式の蒸気タービンおよび発電機を受注しました。2018年1月から順次機器を納入し、本拡張発電...
    別ウィンドウで開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年3月24日

    JR東日本から自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」を受注

    当社は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)から、自立型水素エネルギー供給システム「H2One...
    別ウィンドウで開く
  • 01-kv-bg.jpg
    プレスリリース2016年3月22日

    東京電力株式会社向け次世代監視制御システム開発の受注について

    当社は、東京電力株式会社(以下、東京電力)から、送電線や変電所などの送配電設備を監視制御する給電所注1および制御所注2に納入する次世代監視制御システムを受注しました。2018年から順次納入する予定です。今回受注したのは、地方送配電系統の運用と遠方制御に係わる設備監視を一貫して実施するシステム一式であ...
    別ウィンドウで開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年3月14日

    「変なホテル」第2期棟の自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が運転を開始

    「変なホテル」第2期棟の自立型水素エネルギー供給システム「H2OneTM」当社がハウステンボス株式会社(以下、ハウステンボス)の「変なホテル」第2期棟(ウエストアーム)に納入した自立型水素エネルギー供給システム「H2OneTM」が完成し、本日、運転を開始しました。「H2OneTM」は、東芝独自の水素...
    別ウィンドウで開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2016年3月14日

    風力発電により製造したCO2フリー水素を燃料電池フォークリフトへ供給する実証を開始

    神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業株式会社、株式会社東芝、トヨタ自動車株式会社は、京浜臨海部における再生可能エネルギーを活用した、低炭素な水素サプライチェーンモデルの構築を図る実証プロジェクトの具体的な内容について、2015年9月から検討を進めてまいりましたが、この度、詳細が固まり、実証を開始するこ...
    別ウィンドウで開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年3月 8日

    世界最高水準の発電効率55%を実現した
    定格出力700W水素燃料電池システムの商用販売を開始

    東芝燃料電池システム株式会社(以下、当社)は、山口県「やまぐち産業戦略研究開発等補助金」事業(以下、山口県事業)注1にて開発検証を完了した次世代型の定格出力700W水素燃料電池システムの商用販売を本日より開始します。本製品は、2014年度に山口県事業で開発したモデルをベースとして開発を進め、世界最高...
    別ウィンドウで開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2016年2月10日

    世界最高水準の発電効率55%を実現した
    次世代型純水素型燃料電池システムの実証運転を開始

    今回、当社が開発した出力700Wの純水素型燃料電池システムは、2014年度に開発したモデルをベースとして開発を進め、今回、水素利用効率を向上させるとともに、電池部材の改良により電池電圧特性を向上させることなどで、世界最高水準の55%の発電効率を実現しました。また、本システムは水素をそのまま燃料とする...
    別ウィンドウで開く
  • kv-bg.png
    プレスリリース2016年1月18日

    福島第一原子力発電所3号機向け燃料取扱設備を開発

    当社は、福島第一原子力発電所3号機使用済燃料プール内のガレキ、燃料を遠隔操作で取り出すための燃料取扱設備を開発しました。工場における操作訓練を昨年末までに終了しており、今後サイトでの据え付けが行われ、2017年度からガレキや、燃料の取り出し作業が開始される計画です。福島第一原子力発電所3号機では、原...
    別ウィンドウで開く

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP