検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > 自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」の車載モデルを開発

自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」の車載モデルを開発

― 災害時等の機動的なエネルギー供給を実現 ―

プレスリリース

水素エネルギー

新製品・サービス

2016年4月25日

株式会社東芝 エネルギーシステムソリューション社

 当社は、自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」の新モデルとして、従来の定置モデルからさらに小型化することで機動性を高め、災害時等の迅速なエネルギー供給を実現する車載モデルを開発しました。

 「H2One™」車載モデルは、4トントラック2台で構成されており、トラックには水素製造装置、水素貯蔵タンク、蓄電池、純水素燃料電池を搭載しています。水素貯蔵タンクには、水素を高密度で貯蔵できる水素吸蔵合金を採用し、従来の「H2One™」BCP(※)モデルの貯蔵能力を維持しながらも小型化することで、機動性を高め、災害時には被災地に短時間で移動し、電気とお湯の供給を行う電源車として活用できます。また、騒音や振動がほとんど発生しない純水素燃料電池で発電するため、夜間の使用にも適しています。

 「H2One™」は、当社独自の水素エネルギーマネジメントシステム「H2EMS™」により、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システムです。今回、「H2One™」のラインアップに「H2One™」車載モデルを加えることで、広範な電力供給のニーズに対応します。

 当社は引き続き、再生可能エネルギーを水素によって最大限利活用できる次世代の水素社会の実現を目指し、水素の製造、貯蔵、利活用まで、それぞれのシーンで効率的なエネルギーの供給に貢献する水素関連技術・製品の開発を進めます。

※事業継続計画 Business Continuity Plan の略。

システムの外観

システムの外観
システムの外観

システムの仕様

システムの仕様
水素貯蔵量 250N㎥
発電出力 19kWe
電力貯蔵量 422kWeh

以上

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP