検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > 住宅用太陽電池モジュール「GXシリーズ」の新製品発売について ― 280Wの高出力と最大モジュール変換効率17.1%を実現 ―

住宅用太陽電池モジュール「GXシリーズ」の新製品発売について

― 280Wの高出力と最大モジュール変換効率17.1%を実現 ―

ニュース

再生可能エネルギー

2017年11月 2日

東芝エネルギーシステムズ株式会社

 当社は、住宅用太陽電池モジュールの新製品として「GXシリーズ」280Wモデルを11月20日から販売します。従来の製品群に加え、高効率かつ低価格帯のモジュールのラインアップを拡充することにより、顧客ニーズの多様化に対応し、製品競争力を強化します。

 本製品は、高効率単結晶セルの採用により、現行GXシリーズ255Wモデルと同じ大きさで、最大モジュール変換効率17.1%注1を実現しています。また、「4本バスバー電極注2」により電極間の送電距離を短くすることで、電気抵抗による送電ロスを抑え、280W注3の高出力を可能としました。さらに、反射による光の損失を減らす「ARコート注4(反射低減シート)」により発電効率を高めています。

 本製品の製品保証期間(出力)は20年で、パワーコンディショナ等の構成機器の保証期間は10年間としています。

 当社は、「GXシリーズ」を低価格ながらも高い変換効率を実現するエコノミーモデルとして位置づけ、今後も導入拡大に向けて販売を強化していきます。

注1 モジュールの変換効率は(モジュール公称最大出力[W]×100)/(モジュール面積[平方メートル]×1000[W/平方メートル])の計算式から算出しています。
注2 太陽電池セルの表面に電気を通す電極が4本配置されている電極の種類。
注3 公称最大出力の数値は、JIS C 8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/㎡、モジュール温度25℃での値です。
注4 Anti-Reflective Coated:ARコートはガラス表面の屈折率を下げ、反射損失を抑える技術の一種。

新製品の外観

新製品住宅用太陽電池モジュール「GXシリーズ」の外観

新製品の仕様と価格

型式 TGX-280PM-WHT-J
セル種類 シリコン単結晶系
最大モジュール変換効率 17.1%
公称最大出力 280W
公称最大出力動作電圧 31.0V
公称最大出力動作電流 9.02A
公称開放電圧 38.9V
公称短絡電流 9.55A
最大システム電圧 1000V
外形寸法(W×H×D) 1650×990×40(mm)
質量 19.0kg
希望小売価格 126,800円(税抜)

以上

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP