検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース

2018年

  • 01-key.jpg
    お知らせ2018年10月18日

    トピックス「『International Symposium on Ion Therapy 2018』 出展のお知らせ」を公開

    当社の重粒子線がん治療装置等の展示会に関するトピックスを掲載しましたので、こちらからからご覧ください。

    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2018年10月16日

    フィリピン共和国における自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」の普及に向けた協業に関する覚書を締結

    当社は、フィリピン共和国(以下、フィリピン)フィリピン電化庁と自立型水素エネルギー供給システム「H2One」をはじめとする水素エネルギーを活用した技術・製品をグローバルに展開し、クリーンな水素社会の実現に向けて貢献していきます。当社の水素エネルギー事業についてはこちらをご覧ください。

    開く
  • 01-kv-bg.jpg
    プレスリリース2018年10月15日

    東北電力の変電所運転保修業務効率化に向けたスマートグラスを使った遠隔作業支援サービスの運用開始について

    東芝エネルギーシステムズ株式会社(本社:神奈川県川崎市取締役社長畠澤守以下、東芝エネルギーシステムズ)および東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市取締役社長錦織弘信以下、東芝デジタルソリューションズ)は、東北電力株式会社(本社:宮城県仙台市取締役社長原田宏哉以下、東北電力)の変電...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2018年10月 5日

    豊田自動織機が東芝エネルギーシステムズ提案の再エネ水素充填所を設置

    株式会社豊田自動織機(代表取締役社長:大西朗)は、東芝エネルギーシステムズ株式会社(代表取締役社長:畠澤守)が施工する再エネ水素充填所*を自社の高浜工場に設置致します。再エネ水素充填所は、高浜工場で稼動する燃料電池フォークリフト(以下FCフォークリフト)の稼動ニーズに応じて水素...
    開く
  • お知らせ2018年10月 1日

    振動診断技術者セミナーのご案内

    ISO18436-2準拠機械状態監視診断技術者(振動)資格認証試験は、ISO18436-2(Conditionmonitoringanddiagnosticsofmachines-Requirementsfortrainingandcertificationofpersonnel-Part2:Vib...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2018年9月28日

    経済産業省「質の高いエネルギーインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業」に採択

    当社は、経済産業省が公募した「質の高いエネルギーインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業」において、インドネシアおよびフィリピンにおける「離島向け自立型水素エネルギー供給システム『H2One』適用案件開発調査事業」はみずほ情報総研株式会社と共同で実施予定です。当社の水素エネルギー事業について...
    開く
  • 01-kv-bg.jpg
    お知らせ2018年9月25日

    日経BP社「明日をつむぐテクノロジー」で「電力流通IoTソリューション」を紹介

    当社は、電力インフラの構築や再生可能エネルギー技術の開発で得た豊富な知見と先進のIoT技術を結集させて、電力需給のバランスを最適にコントロールし、次世代に相応しいエネルギーサービスシステムの具現化を推進しています。このたび、日経BP社「日経xTECH(クロステック)」の特番サイト「明日をつむぐテクノ...
    開く
  • ニュース2018年9月 3日

    「Renewable Energy & Energy Efficiency Exhibition Vietnam」に初出展

    当社は、ベトナムのホーチミン市、サイゴン展示会議場において9月12日から9月14日にかけて開催される「RenewableEnergy&EnergyEfficiencyExhibitionVietnam2018」に出展し、当社および海外現地法人等による太陽光発電システムの他、風力発電システム、バーチャ...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2018年8月31日

    インドネシア共和国における自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」の普及に向けた協業に関する覚書を締結

    当社は、インドネシア共和国(以下、インドネシア)技術評価応用庁(BPPT)と自立型水素エネルギー供給システム「H2One」をはじめとする水素エネルギーを活用した技術・製品をグローバルに展開し、クリーンな水素社会の実現に向けて貢献していきます。当社の水素エネルギー事業についてはこちらをご覧ください。<...
    開く
  • kv-bg.png
    お知らせ2018年8月29日

    福島第一原子力発電所3号機向け燃料取扱設備に関する富岡労働基準監督署からの是正勧告および同設備の不具合について

    当社は、福島第一原子力発電所3号機において使用済燃料プール内のガレキ、燃料の遠隔操作による取り出し作業に向けた燃料取扱設備の試運転を進めていますが、当社協力会社が定格荷重を超過した重量物をクレーンで吊り上げたため、元方事業者として安全衛生法第29条に違反したとして、富岡労働基準監督署より8月17日に...
    開く
  • 01-kv-bg.jpg
    ニュース2018年8月24日

    「CIGRE 2018 TECHNICAL EXHIBITION」に出展

    当社は、フランスのパリ国際会議場において8月27日から8月31日にかけて開催される第47回CIGRE(国際大電力システム会議)パリ大会に併設される展示会「CIGRE2018TECHNICALEXHIBITION」に出展し、当社の電力流通システム事業領域におけるデジタル化やバーチャルパワープラント、環...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2018年8月 9日

    再エネを利用した世界最大級の水素エネルギーシステムの建設工事を開始

    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、東芝エネルギーシステムズ(株)、東北電力(株)および岩谷産業(株)は、福島県浪江町において、再生可能エネルギーを利用した世界最大級となる1万kWの水素製造装置を備えた水素エネルギーシステム「福島水素エネルギー研究フィールド(Fukush...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年8月 7日

    IoT・AI技術を用いた地熱発電所の利用率向上に向けた研究について

    当社は、IoT・AI技術を用いた、地熱発電所の利用率向上に向けた研究を行います。本研究は今月より2020年度まで行う予定で、発電所のトラブル発生率20%減、発電所の利用率10%向上を目指します。今回の研究は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成30年度「地熱発電技術研究開発」の助成事業...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2018年8月 6日

    敦賀市で再エネ水素インフラ設備「H2Oneマルチステーション™」を設置

    福井県敦賀市(以下、「敦賀市」)と東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、「東芝エネルギーシステムズ」)は、水素サプライチェーン構築に関する基本協定の締結を行い、本日締結式を行いました。今年度より2021年度まで、敦賀市内で実用化にむけた水素サプライチェーン構築の検討を行います。今回のサプライチェー...
    開く
  • ニュース2018年7月10日

    環境月間における環境活動について

    6月は環境省により「環境月間」と定められていますが、当社でも6月に「環境意識の啓発、高揚」「地球温暖化防止への対応」「環境コミュニケーション活動」などを中心に各拠点・部門で環境活動を重点的に行いました。以下、主な活動をお伝えいたします。当社では、「環境への取り組み」を経営の最重要課題の一つと位置付け...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年7月 9日

    タービン発電機の精密点検を従来比、約半分の期間で実現する検査ロボットを開発

    当社は、タービン発電機の検査を短期間で実施するロボットを開発しました。本ロボットは従来のロボット技術では難しかったバッフル注1付き発電機の点検に対応しており、回転子を引き抜くことなく、従来の精密点検期間の約半分の12日注2程度(発電機分解組立期間含む)で発...
    開く
  • kv-bg.png
    お知らせ2018年7月 4日

    トピックス「逆境をチャンスに!受け継がれる超電導技術の未来とは?」を公開

    当社の超電導技術に関するトピックスを掲載しましたので、こちらからからご覧ください。

    開く
  • kv-bg.png
    お知らせ2018年6月27日

    トピックス「電気抵抗ゼロの世界 超電導技術の大いなる飛躍」を公開

    当社の超電導技術に関する特集・トピックスを掲載しましたので、こちらからからご覧ください。

    開く
  • 01-topmovie.jpg
    ニュース2018年6月20日

    国際水素エネルギー協会より「ジュール・ヴェルヌ賞」を受賞

    当社は、このたび、国際水素エネルギー協会(InternationalAssociationforHydrogenEnergy:以下、IAHE)から、当社の長年にわたる燃料電池開発や自立型水素エネルギー供給システム「H2One」のホテル、駅、野球スタジアム等への納入のほか、水素サプライチェーンの実現に...
    開く
  • 01-key.png
    ニュース2018年6月15日

    超臨界CO2サイクル火力発電システムのパイロットプラント向け燃焼器初着火

    当社は、超臨界CO2サイクル火力発電システムのパイロットプラント向け燃焼器の初着火に成功しました。今回着火に成功した燃焼器は、300MW級商用プラントに適用可能な燃焼器と同サイズの50MWth注1燃焼器です。当社は2013年に5MWth燃焼器を用いた300...
    開く
  • kv-bg.png
    お知らせ2018年6月14日

    トピックス「平成30年度全国発明表彰の表彰式にて『21世紀発明賞』ならびに『21世紀発明貢献賞』を受賞を掲載しました」を公開

    当社は、理化学研究所、日本原子力研究開発機構、科学技術振興機構と共に特許「放射性廃棄物の処理方法(特許第6106892号)」を取得しましたが、このたび公益社団法人発明協会より「平成30年度全国発明表彰」の「21世紀発明賞」、「21世紀発明貢献賞」を受賞しました。表彰式の様子を掲載しましたので、こちら...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2018年5月30日

    東急REIホテルにおいて純水素燃料電池「H2Rex™」が運転を開始

    当社が昭和電工株式会社(以下、昭和電工)に納入した純水素燃料電池システム「H2Rex」の納入を目指し、水素関連技術の開発を進め、低炭素な水素利活用の拡大に貢献していきます。注環境省公募の「平成27年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」において実施している使用済みプラスチックから精製した水素を活用する...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2018年5月24日

    北海道における水素サプライチェーンの実証実験の本格運用を開始

    東芝エネルギーシステムズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:畠澤守、以下、「東芝エネルギーシステムズ」)は岩谷産業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:谷本光博、以下、「岩谷産業」)を共同事業者として、環境省の実証事業として採択された「小水力由来の再エネ水素導入拡大と北海道の地域...
    開く
  • kv-bg.png
    プレスリリース2018年5月17日

    「放射性廃棄物の処理方法」が「21世紀発明賞」を受賞

    理化学研究所(理研)と東芝エネルギーシステムズ株式会社、日本原子力研究開発機構、科学技術振興機構の特許「放射性廃棄物の処理方法(特許第6106892号)」が、公益社団法人発明協会「平成30年度全国発明表彰」の「21世紀発明賞」を受賞しました。受賞した発明は、高レベル放射性廃棄物に含まれる半減期の長い...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年5月 7日

    ケニア大手リース会社との地熱発電案件における協業に関する覚書を締結

    当社は、ケニアの大手リース会社であるレントコと地熱発電案件における協業に合意し、本日、覚書を締結しました。本覚書に基づき、当社は、ケニアをはじめレントコが開発を目指す地熱発電案件向けに小型発電設備の供給を目指します。レントコは、アフリカにおいて小売、製造、医療、教育、鉱業、建設、財務など幅広い分野で...
    開く
  • プレスリリース2018年5月 3日

    仏・バンシコンストラクションとアフリカにおける水力・地熱発電案件の開発で協業

    当社は、フランスの大手総合建設会社のVINCIS.A.のグループ会社であるVINCIConstruction(以下、バンシコンストラクション)とアフリカにおける水力・地熱発電案件の開発に関して、発電所建設に関わる設計・エンジニアリング・製造・建設にわたる戦略的協力関係を構築することに合意し、覚書を締...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年5月 3日

    マラウイ共和国天然資源エネルギー環境省との地熱発電事業における協業に関する覚書締結について

    当社は、マラウイ共和国天然資源エネルギー環境省(MinistryofNaturalResources,EnergyandMining)と地熱発電事業における包括的な協業に合意し、本日、覚書を締結しました。本合意に基づき、両社は、マラウイ共和国(以下、マラウイ)における地熱発電事業や人材育成を共同で進...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    お知らせ2018年4月18日

    第6回中国(上海)国際技術輸出入交易会において水素エネルギー関連技術を紹介

    当社は、中国上海市において2018年4月19日(木)から21日(土)にかけて開催される「第6回中国(上海)国際技術輸出入交易会」(以下、「上交会」)の横浜市ブースに共同出展し、当社の水素エネルギーに関する技術や製品を紹介します。本展示会は、中国随一のモノの輸出入展示会である広東省の広州交易会(広交会...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年4月13日

    南相馬市 真野・右田・海老地区における太陽光発電所建設工事の竣工について

    住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)が、福島県南相馬市真野・右田・海老地区において、ソーラーパワー南相馬・鹿島株式会社(以下、「SPC」)を通じて開発中の太陽光発電事業(以下、「本事業」)につきまして、発電所建設工事が竣工し、2018年3月20日に商...
    開く
  • 01-kv-bg.jpg
    プレスリリース2018年4月 2日

    一体輸送が可能な新形550kVガス絶縁開閉装置の初出荷について

    当社は、昨年12月、550kV級のガス絶縁開閉装置(以下、GIS)として世界で初めて一体輸送が可能なGISを開発しましたが、このたび、浜川崎工場で製造を完了し、東京電力パワーグリッド株式会社の新信濃変電所向けに2018年3月29日に初出荷しました。本製品は、GIS一式がトレーラー1台に積載できるため...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年3月30日

    中部電力西名古屋火力発電所が総合運転を開始

    当社が建設工事を担当した中部電力西名古屋火力発電所7-2号がこの度運転を開始し、7-1号機とあわせて総合運転が開始されました。西名古屋火力発電所は、3台のガスタービンに対して1台の蒸気タービンを組み合わせた多軸式コンバインドサイクル発電方式を採用した発電設備を持つ7-1号と7-2号からなる発電所です...
    開く
  • 01-key.jpg
    プレスリリース2018年3月29日

    韓国・延世大学校医療院から重粒子線がん治療装置を受注

    当社は韓国の大手医療企業DKメディカルソリューションとコンソーシアムを組み、本日、大韓民国(以下、韓国)の延世(ヨンセイ)大学校医療院(YonseiUniversityHealthSystem)から重粒子線がん治療装置を受注しました。当社として、海外で初めての受注となります。今回受注した装置は、固定...
    開く
  • お知らせ2018年3月28日

    振動診断技術者セミナー

    2018年度第1回「教育訓練」は終了しました。2018年度第2回「教育訓練」(カテゴリーⅡ、Ⅲ)の詳細は8月下旬掲載予定です。ISO18436-2準拠機械状態監視診断技術者(振動)資格認証試験は、ISO18436-2(Conditionmonitoringanddiagnosticsofmachin...
    開く
  • kv-bg.png
    お知らせ2018年3月28日

    原子力事業の英文ページを更新しました

    このたび、当社ホームページ内の原子力事業の英語ページを全面的に更新致しましたので、こちらからご覧下さい。当社原子力事業の概要・サービス・研究開発・納入実績・体制、拠点を英語で確認いただけます。

    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年3月27日

    中部電力西名古屋火力発電所7-1号 世界最高効率のコンバインドサイクル発電設備としてギネス世界記録®認定

    中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野哲、以下「中部電力」)および東芝エネルギーシステムズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:油谷好浩、以下「東芝エネルギーシステムズ」)は中部電力西名古屋火力発電所7-1号において発電効率63.08%(低位発熱量基準注1 開く
  • 01-topmovie.jpg
    プレスリリース2018年3月26日

    「楽天生命パーク宮城」で自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」が運転を開始

    当社が宮城県に納入した自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を納入しているほか、福島県浪江町を実証エリアとして1万kW級の水素製造装置を備えた水素エネルギーシステムを構築する再生可能エネルギー利用水素プロジェクト注2に参画しています。当社は、水素製造装置や電力需給を予測...
    開く
  • 01-key.jpg
    お知らせ2018年3月26日

    粒子線治療装置事業の英文ページを更新しました

    このたび、当社ホームページ内の粒子線治療装置の英語ページを全面的に更新致しましたので、こちらからご覧下さい。当社粒子線治療装置の概要・サービス・研究開発・納入実績を英語で確認いただけます。

    開く
  • kv-bg.png
    プレスリリース2018年3月23日

    高レベル放射性廃液から4つの元素を相互分離する技術を開発

    長半減期核種の同位体を含むパラジウム(Pd)、セレン(Se)、セシウム(Cs)、ジルコニウム(Zr)を個別に化学分離し、金属として回収する方法を考案本プログラムの成果である偶奇分離法や核変換と組み合わせることで、長半減期核種を除去・処分する技術開発につなげる高レベル放射性廃液の放射能の低減と資源の有...
    開く
  • プレスリリース2018年3月22日

    代表取締役社長交代について

    当社は、本日開催の取締役会において、2018年4月1日付で代表取締役社長を交代することを決定いたしました。(1)就任代表取締役社長畠澤守(はたざわまもる)(現役職:取締役常務)(2)退任代表取締役社長油谷好浩(あぶらたによしひろ)氏名:畠澤守(はたざわまもる)生年月日:1959年(昭和34年)4月2...
    開く
  • プレスリリース2018年3月19日

    タイ王国発電公社向け変圧器納入案件について

    住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員CEO:中村邦晴、以下「住友商事」)と住商機電貿易株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:幸田昌之、以下「SMT」)および東芝エネルギーシステムズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:油谷好浩、以下「東芝エネルギーシステムズ」)...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年3月15日

    住宅用太陽電池モジュール「Sシリーズ」の新製品発売について

    当社は、住宅用太陽電池モジュールの新製品として最上位モデル「Sシリーズ」の360W注1プレミアムモデル、265Wプレミアムモデルを5月上旬からそれぞれ販売します。従来の製品群に加え、高効率かつコンパクトなモジュールのラインアップを拡充することにより、顧客ニーズの多様化に対応し、...
    開く
  • 01-key.png
    プレスリリース2018年3月 7日

    豪州の火力発電所大型改修工事を契約

    当社のオーストラリア現地法人である東芝インターナショナル・オーストラリア社は、オーストラリアの発電会社であるエージーエル・マッコーリ社(以下、AGL社)と、ニューサウスウェールズ州の東部に位置するベイズウォーター火力発電所の改修工事について、蒸気タービンおよび発電機の更新用機器供給を含む据付工事の契...
    開く
  • 01-key.png
    ニュース2018年3月 1日

    トピックス「高効率コンバインドサイクル発電システム納入事例」を掲載しました

    当社は、中部電力㈱西名古屋火力発電所向けにコンバインドサイクル発電システムを納入していますが、このたび、当社ホームページ内に発電システムの仕組みをわかりやすく紹介したPR動画「高効率コンバインドサイクル発電システム納入事例」(約1分30秒)を掲載しましたのでこちらからご覧下さい。当社の火力事業につい...
    開く
  • kv-bg.png
    ニュース2018年2月27日

    福島第一原子力発電所3号機 原子炉格納容器内部調査チームに東京電力ホールディングスから感謝状

    福島第一原子力発電所3号機原子炉格納容器内部調査を担当したプロジェクトチームは、2月26日、東京電力ホールディングス株式会社常務執行役福島第一廃炉推進カンパニープレジデント増田尚宏氏から感謝状を受領しました。今回の感謝状は、同チームが福島第一原子力発電所3号機において、水中を遊泳して調査する小型ロボ...
    開く
  • 01-kv-bg.jpg
    ニュース2018年2月21日

    「スマートエネルギーWeek 2018」に出展

    当社は、東京ビッグサイトにおいて2月28日から3月2日にかけて開催される「スマートエネルギーウイーク2018」に出展し、当社の電力流通および水素エネルギー等に関する技術や製品を紹介します。「スマートエネルギーWeek2018」は、スマートグリッドや水素、燃料電池、太陽電池、風力、バイオマス発電などの...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    ニュース2018年2月19日

    「福島県水素利用シンポジウム2018 in なみえ」に水素エネルギーの技術・製品を出展

    当社は、福島県浪江町において2月8日に開催された「福島県水素利用シンポジウム2018inなみえ」に出展し、当社の水素エネルギーに関する取り組みや製品を紹介しました。当社は福島県において、浪江町を実証エリアとして1万kW級の水素製造装置を備えた水素エネルギーシステムを構築する再生可能エネルギー利用水素...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    ニュース2018年1月25日

    セブン-イレブン向け純水素燃料電池システム「H2Rex™」が運転を開始

    当社が、株式会社セブン-イレブン・ジャパン(以下、セブン-イレブン)の本社内の『ひとと環境にやさしい店舗』である「セブン-イレブン千代田二番町店」に納めた700W※純水素燃料電池システム「H2Rex」の納入を目指し、CO2を排出しないクリーンな水素社会の実現に貢献していきます。...
    開く
  • 01-key.png
    ニュース2018年1月24日

    米国レイクチャールズ火力発電所向けに蒸気タービンおよび発電機を受注

    当社は、米国大手電力会社であるエンタジールイジアナ社(エンタジー社)が建設を計画しているルイジアナ州レイクチャールズ火力発電所向けに450メガワットの蒸気タービンと発電機(STG)を受注しておりましたが、このたび、同発電所の建設が開始され、1月22日(現地時間)にエンタジー社主催による起工式が開催さ...
    開く
  • 01-topmovie.jpg
    ニュース2018年1月15日

    World Future Energy Summit 2018に水素エネルギーの技術・製品を出展

    当社は、アラブ首長国連邦(UAE)・アブダビ首長国において2018年1月15日から18日にかけて開催される「世界未来エネルギーサミット(WORLDFUTUREENERGYSUMMIT2018)」のJapanパビリオンの特別展示に出展し、当社の水素エネルギーに関する技術や製品を紹介します。本サミットは...
    開く

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP