検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > 「福島県水素利用シンポジウム2018 in なみえ」に水素エネルギーの技術・製品を出展

「福島県水素利用シンポジウム2018 in なみえ」に水素エネルギーの技術・製品を出展

- 福島における再生可能エネルギー利用水素プロジェクトを紹介 -

ニュース

水素エネルギー

2018年2月19日

東芝エネルギーシステムズ株式会社

 当社は、福島県浪江町において2月8日に開催された「福島県水素利用シンポジウム2018 in なみえ」に出展し、当社の水素エネルギーに関する取り組みや製品を紹介しました。

 当社は福島県において、浪江町を実証エリアとして1万kW級の水素製造装置を備えた水素エネルギーシステムを構築する再生可能エネルギー利用水素プロジェクトに参画しています。本プロジェクトは、再生可能エネルギーの導入拡大を見据えた電力系統の需給バランス調整(デマンドレスポンス)のための水素活用事業モデルおよび水素販売事業モデルを確立することで、新たな付加価値を有する大規模水素エネルギーシステムの開発・実用化を目指すものです。本プロジェクトの紹介をはじめ、当社の自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」や純水素燃料電池システム「H2Rex™」の特長や導入事例についてパネルを通して紹介しました。

 福島県では、県全体を新たなエネルギー社会のモデル創出拠点とする「福島新エネ社会構想」(2016年9月策定)における大きな柱として「水素社会実現のためのモデル構築」が掲げられており、県内外の企業や研究機関と連携したさまざまな取り組みが進められています。本シンポジウムでは、水素エネルギーの普及の後押しを目的に、福島県内のエネルギーの利活用に関する取り組みとともに水素エネルギーの有用性や使いやすさ、安全確保策などを展示や講演を通して紹介されました。

 当社は、水素を「つくる」、「ためる」、そして「かしこくつかう」ための水素関連製品および技術により、今後も福島県における福島新エネ社会構想をはじめとする環境に優しいクリーンな水素社会の実現に向けた取り組みに貢献していきます。

注 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募事業「水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発/再エネ利用水素システムの事業モデル構築と大規模実証に係る技術開発」

主な展示内容

1.再生可能エネルギー利用水素プロジェクト

実証の概念図
実証の概念図

 本プロジェクトは、福島県浪江町を実証エリアとして1万kW級の水素製造装置を備えた水素エネルギーシステムを構築するもので、2020年度中に実証試験を行います。再生可能エネルギーの導入拡大を見据えた電力系統の需給バランス調整(デマンドレスポンス)のための水素活用事業モデルおよび水素販売事業モデルを確立させることで、新たな付加価値を有する大規模水素エネルギーシステムの開発・実用化を目指します。

2.自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」

 自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」は、再生可能エネルギーから水素を「つくる」、その水素を「ためる」、そして燃料電池で「つかう」ところまでワンストップで実現するシステムです。平常時には、施設の電気、温水、水素の各使用量と貯蓄量を監視し、最適制御運転を行うことで電気料金やCO2排出量を低減します。災害などの非常時においても、自立して電力・温水を供給します。また、本システムは輸送可能のため、被災地などに運搬することも可能です。

3.純水素燃料電池システム「H2Rex™」

 純水素燃料電池システム「H2Rex™」は、水素を直接用いて発電するため、CO2を発生しないクリーンな電力を供給することが可能な発電システムです。水素を直接用いて発電するため、CO2を発生させずに発電できるほか、数分という短時間で発電を開始することが可能です。

関連情報

当社の水素エネルギー事業についてはこちらをご覧ください。

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

関連記事

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP