検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > ケニア大手リース会社との地熱発電案件における協業に関する覚書を締結

ケニア大手リース会社との地熱発電案件における協業に関する覚書を締結

プレスリリース

再生可能エネルギー

戦略・施策

2018年5月 7日

東芝エネルギーシステムズ株式会社

当社は、ケニアの大手リース会社であるレントコと地熱発電案件における協業に合意し、本日、覚書を締結しました。本覚書に基づき、当社は、ケニアをはじめレントコが開発を目指す地熱発電案件向けに小型発電設備の供給を目指します。

レントコは、アフリカにおいて小売、製造、医療、教育、鉱業、建設、財務など幅広い分野でリース事業を展開している企業で、豊富な実績を有しています。当社は、地熱向け発電設備において、アフリカをはじめ、北米、東南アジアなど世界各国に実績をもち、1~10MW級の小規模な地熱資源でも発電が可能な小型地熱発電設備「Geoportable™(ジオポータブル)」を展開しています。両社は、それぞれの実績とノウハウを活かし、「Geoportable™」のリース活用によるビジネス拡大を目指します。

ケニアをはじめとする東アフリカは、アフリカ大陸を南北に縦断するプレート境界で地熱資源を豊富に有する大地溝帯(グレート・リフト・バレー)上に位置するため、地熱資源調査のための掘削が進められています。当社の「Geoportable™」は、小規模な井戸にも短期間で設置が可能なコンパクトな発電設備であり、開発中の井戸の有効活用が可能です。

当社は、アフリカを地熱発電事業における注力地域と位置付け、タンザニア、エチオピア、ジブチ、ウガンダおよびマラウィにおいて現地企業などと地熱発電事業における協業に関する覚書を締結し、地熱事業開発や人材育成を共同で進めています。

今後も、50年以上にわたる地熱向け発電設備に携わってきた高い技術力と各国との協業を活かして、再生可能エネルギー事業の拡大を目指します。

左から 東芝 代表執行役社長 綱川 智、東芝エネルギーシステムズ 理事 藤田豊明、レントコ グループCEO ロバート ニャシミ、秘書室長 サンドラ ロンバード
左から 東芝 代表執行役社長 綱川 智、東芝エネルギーシステムズ 理事 藤田豊明、レントコ グループCEO ロバート ニャシミ、秘書室長 サンドラ ロンバード

当社の再生可能エネルギー事業についてはこちらをご覧ください。

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP