検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > 敦賀市で再エネ水素インフラ設備「H2Oneマルチステーション™」を設置

敦賀市で再エネ水素インフラ設備「H2Oneマルチステーション™」を設置

― 燃料電池車への充填、建物や電気自動車への電力や熱の提供も可能 ―

プレスリリース

水素エネルギー

受注・納入

2018年8月 6日

東芝エネルギーシステムズ株式会社

 福井県敦賀市(以下、「敦賀市」)と東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、「東芝エネルギーシステムズ」)は、水素サプライチェーン構築に関する基本協定の締結を行い、本日締結式を行いました。今年度より2021年度まで、敦賀市内で実用化にむけた水素サプライチェーン構築の検討を行います。今回のサプライチェーン構築は敦賀市の「敦賀市産業間連携推進事業費補助金」を活用して行います。

 敦賀市は、敦賀市および周辺地域がそれぞれの優位性を生かしながら連携して、共に発展を目指す「ハーモニアスポリス構想」の一環で、「調和型水素社会形成計画」の策定を進めており、水素の導入に向け、積極的な取り組みを進めています。

 今回設置される東芝エネルギーシステムズ製の「H2Oneマルチステーション™」は、ワンコンテナタイプの「H2One™」と地産地消型の再エネ水素ステーション「H2One ST Unit™」を組み合わせたシステムで構成されています。具体的には、再生可能エネルギーにより建物に電気や熱を、電気自動車に電力を供給できる「H2One™」と毎日燃料電池車8台分注1の水素を製造でき、最速3分で満充填ができる「H2One ST Unit™」の水素エネルギー供給システムです。今回設置する「H2Oneマルチステーション™」は、近接する太陽光発電システムから電気の供給を受ける予定です。
 また、「H2Oneマルチステーション™」は高圧ガス保安法上の「第二種製造者」の製造所で保安係員の常駐が不要です。また、災害等の非常時に停電しても避難所において300人に3日分の電力と熱を供給することが可能です。

*2018年8月7日訂正:「H2Oneマルチステーションユニット™」を「H2One ST Unit™」に修正しました。

 東芝エネルギーシステムズは、「H2One™」の供給などを通じ、再生可能エネルギー由来のCO2フリー水素を活用して、クリーンな水素エネルギー導入に貢献しています。「H2Oneマルチステーション™」については、今回初めて設置いたします。

 敦賀市および東芝エネルギーシステムズは、今回の北陸発の画期的な水素サプライチェーン構築を通して、クリーンな水素社会実現に向けた取り組みを行っていきます。

注1:国内の自動車平均走行距離から算出

今回のシステムイメージ図

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP