検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > 電源開発向け「省電力無線IoTソリューション(LPIS™)」が運用を開始

電源開発向け「省電力無線IoTソリューション(LPIS™)」が運用を開始

― センサからの雨量・水位データを安定して送信可能 ―

プレスリリース

デジタルトランスフォーメーション

受注・納入

2020年3月16日

東芝エネルギーシステムズ株式会社

 当社が電源開発株式会社(以下、電源開発)向けに納入した「省電力無線IoTソリューション(LPIS™)」が2月下旬に、紀伊半島にある同社の4か所の水位・雨量観測局において運用を開始しました。当社の「省電力無線IoTソリューション」は小型で、設置や取り扱いが容易です。また、気象条件などの影響をあまり受けずに安定してデータを送信できることが特長です。

 今回運用を開始した「省電力無線IoTソリューション」は、センサノードと呼ばれる無線機と、センサノードからLPWA注1省電力マルチホップ無線技術注2を用いて送信した信号(920MHz)を受信してWAN注3回線に送信するコンセントレータで構成されています。
 今回「省電力無線IoTソリューション」を設置する観測局では、水力発電設備として超短波(70MHz帯)の「テレメータシステム」を設置していますが、異常電波伝搬現象(スポラディックE層注4等)の影響や、機器故障、メンテナンスなどによって、一時的に水位計や雨量計からのデータが受信できないことがありました。今回採用したLPWA方式の 「省電力無線IoTソリューション」は、汎用の技術も取り入れ簡単なシステム構成でデータ取得が可能であり、コストを抑えたバックアップとしての活用が期待できます。  
 当社はLPWA技術を用いた渓流設備水位監視の実用化に向けた実証実験を北海道で2018年から2019年にかけて行い、良好な結果を得て、同技術を用いたソリューションの商品化を進めてきました。今回初の「省電力無線IoTソリューション」の納入となります。
 コンセントレータには、避雷器および無停電電源装置(UPS)を付帯し、またセンサノードも乾電池で動作する仕様のため、計測現場で頻繁に発生する停電時にも動作します。コンセントレータに集約されたデータはLTE基地局を通じ、紀伊半島にある電源開発のサーバーへ送られます。
 
 今回納入するセンサノードおよびコンセントレータは当社府中工場にて製造します。今回、当社のソリューションが小型で汎用技術を使って簡単にデータ収集のバックアップシステムが構築できることが評価され、採用いただきました。
 
 国内では、水力発電所が1500カ所以上あり、山岳地などでの計測値取得に関してのニーズは多く存在しており、安価に安定的にデータ取得できる本構成は自然エネルギーの有効利用の観点からも期待されております。当社は、今後も世界有数のCPS注5テクノロジー企業を目指し、「省電力無線IoTソリューション」をはじめとした各種のIoTサービスを提供してまいります。

注1 LPWA(Low Power Wide Area):省電力で広域をカバーする無線技術の総称
注2 リレー方式でデータを中継することで広い通信範囲をカバーすることが可能な通信方式
注3 WAN(Wide Area Network):地理的に離れた地点間を結ぶ通信ネットワークで、通信事業者が設置・運用する回線網のこと。
注4 極度に電子密度の高くなった特殊な電離層のこと。通常は遠距離へは伝播しない性質を持つVHF帯の電波も反射してしまうため遠方まで電波が飛びすぎてしまうためデータが受信できなくなることがある。
注5 CPS(サイバー・フィジカル・システム):実世界(フィジカル)におけるデータを収集し、サイバー世界でデジタル技術などを用いて分析したり、活用しやすい情報や知識とし、それをフィジカル側にフィードバックすることで、付加価値を創造する仕組み。

システム構成(イメージ)

LPISシステム構成(イメージ)

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

関連記事

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP