検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > クラレからIoTを活用した自家発電所の運用最適化システムを受注

クラレからIoTを活用した自家発電所の運用最適化システムを受注

プレスリリース

デジタルトランスフォーメーション

プレスリリース

火力

受注・納入

2020年3月25日

東芝エネルギーシステムズ株式会社

 当社は、株式会社クラレ(以下、クラレ)から、IoTを活用した同社の自家発電所を最適に運用するためのシステムを受注しました。本システムは試運転を経て2020年12月の運用開始を目指します。

 クラレの自家発電所では、複数台の発電設備が稼働しており、事業所内へ電気と蒸気を供給しています。今回受注したシステムは、気象変動や、事業所内の電気・蒸気の需要予測から、ボイラやタービンなど各機器の運転制約を満足した上で、発電所全体として最適な運用計画を立案・提示するものです。
 2018年にクラレから受注した発電所の最適運用に向けた検討業務の結果、および具体的な提案が評価され、今回の受注に至りました。発電設備メーカとしての強みを活かし、発電プラントの熱効率モデルを構築し実際の運転性能値とモデルベースの性能値を比較評価する機能、異常兆候を早期に検知する機能、蓄積した各種データをビッグデータとして連携・活用する機能も併せて提供します。

 当社は、エネルギー事業で培ってきたノウハウにデジタル技術を組み合わせることで、様々な事業分野の顧客企業の経営課題を起点とした新しい課題解決型・成果訴求型のビジネスを創出し、エネルギー業界におけるサイバー・フィジカル・システム(CPS)テクノロジー企業を目指しています。今後も顧客のニーズに寄り添った各種IoTソリューションを提供し事業拡大を目指します。

運用最適化システム(イメージ)

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

関連記事

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP