検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > イラク電力省向けガス絶縁開閉装置および変圧器の受注について

イラク電力省向けガス絶縁開閉装置および変圧器の受注について

プレスリリース

電力流通

受注・納入

2020年4月16日

東芝エネルギーシステムズ株式会社

 当社グループ会社の東芝電力流通システムガルフ社は、イラク電力省向けガス絶縁開閉装置(GIS)と電力用変圧器を豊田通商株式会社(以下、豊田通商)から受注しました。本件は、豊田通商およびエジプトのエンジニアリング会社ELSEWEDY Electric For Power System Projects(以下、エルスウェディ社)が共同でイラク電力省と締結したEPC契約に基づき受注したもので、2021年4月から機器納入を開始する予定です。

 今回受注したのはイラク電力省がイラク共和国中部バービル県に建設を計画している400kVクラスの大型変電所向け400kV GIS、132kVGISおよび400kV変圧器です。400kVGISは当社の浜川崎工場で製造し、132kVGIS および400kV変圧器はインドの拠点である東芝電力流通システム・インド社(以下、TTDI)で製造予定です。 

 当社グループは、2017年に同国向けのGISおよび変圧器を豊田通商から受注しており、製品の技術力と信頼性が評価され、さらなる受注に至りました。本案件においても浜川崎工場、及びTTDIから高品質で価格競争力の高い製品を提供します。

 イラク共和国では湾岸戦争が終結し、2006年に新政府が発足して以降、経済復興に向けた送電網の整備が進められています。都市部を中心に慢性的な電力不足が課題となっており、送変電設備の早急な整備が必要とされています。

 当社グループは、送変電・配電(T&D)機器事業において2013年にインドの製造拠点であるTTDIを設立し、グローバル展開を進めています。今後もイラクをはじめ、電力需要の伸びが期待される中東諸国やインド、アフリカなどを注力地域として、同事業におけるグローバル展開をさらに加速していきます。

注:EPC(Engineering Procurement and Construction):設計(Engineering)、調達(Procurement)、据付工事(Construction)

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

関連記事

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP