検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > 柏崎刈羽原子力発電所6号機安全対策工事を担う共同会社の設立に関する覚書の締結について

柏崎刈羽原子力発電所6号機安全対策工事を担う共同会社の設立に関する覚書の締結について

プレスリリース

原子力

戦略・施策

2020年6月 3日

東京電力ホールディングス株式会社
東芝エネルギーシステムズ株式会社

 東京電力ホールディングス株式会社(以下、「東京電力」)及び東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、「東芝ESS」)は、本日、東京電力柏崎刈羽原子力発電所6号機の安全対策工事を担う会社の設立について覚書を締結しましたので、お知らせいたします。
 東京電力は、2017年12月に原子力規制委員会より、柏崎刈羽原子力発電所6、7号機の原子炉設置変更許可をいただいておりますが、現在、7号機の工事計画認可の取得に向けた審査と並行して、6号機の工事計画認可申請に向けた準備に取り組んでおります。

 このたび、東京電力と東芝ESSは、業界の垣根を越えて技術・知見を持ち寄り、柏崎刈羽原子力発電所6号機の安全対策工事を担う会社を共同で設立し、同社で安全対策工事に関するプロジェクトの運営、設計及び工事の管理等を実施していくことについて、覚書を締結いたしました。
 新会社の設立時期については、2020年6月中旬を目標としており、本格的な事業開始は2020年7月中を目標としております。
 今後、柏崎刈羽原子力発電所6号機の安全対策工事の完了に向けて両社の相乗・補完効果を最大限に引き出して安全性や品質の向上を目指してまいります。

柏崎刈羽原子力発電所6号機の概要

手前から7号機、 6号機、 5号機
手前から7号機、 6号機、 5号機
所在地 新潟県柏崎市および刈羽郡刈羽村
原子炉の型式 改良型沸騰水型軽水炉
電気出力 135.6万kW
営業運転開始 1996年11月

新会社の概要(予定)

会社名
(略称)

KK6安全対策共同事業株式会社
(KS6 ケー・エス・シックス)

事業内容

柏崎刈羽原子力発電所6号機の安全対策工事に関するプロジェクトの運営、設計及び工事の管理 

設立日 2020年6月中旬
出資金(資本金) 3億円(1億5,000万円)
出資比率 東京電力ホールディングス株式会社 50%
東芝エネルギーシステムズ株式会社 50%
所在地 新潟県柏崎市(本社)、東京都港区(東京支社)

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

関連記事

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP