検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > 水素社会の実現を推進する「水素バリューチェーン推進協議会」の設立に向けた準備委員会に参画

水素社会の実現を推進する「水素バリューチェーン推進協議会」の設立に向けた準備委員会に参画

本件は(株)東芝の発表ですが、東芝エネルギーシステムズの事業に関する内容が含まれているため、掲載いたします。

お知らせ

水素エネルギー

戦略・施策

2020年10月14日

株式会社 東芝

 当社は、水素の利用推進に取り組むための「水素バリューチェーン推進協議会」の設立に向け、民間企業9 社による準備委員会に参画します。長年水素事業に携わってきたメーカーとして水素社会の実現に向けて参画するもので、同協議会の2020年12月初旬の設立と、水素の早期の社会実装を目指します。

 水素は、地球温暖化対策において中心的な役割を果たす事が期待されているエネルギー源です。今後も日本が水素で世界をリードし続けるためには、水素の社会実装に向けた革新的な取り組みを進めると同時に、様々なステークホルダーの皆様と連携し、産業の育成と発展に向けた取り組みも推進する事が重要となります。

 当社グループは、水素関連技術として燃料電池にいち早く着目し1960年代より開発を進めてきました。脱炭素化に向けた取り組みとして、2020年3月に開所した福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)において、再生可能エネルギーの電力を水素に換えて利用するP2G(Power to Gas)の大規模な実証を行っています。また、船舶などのモビリティ向け高出力燃料電池モジュールの実用化に向けた実証プロジェクトや、CO2変換技術と水素製造技術を用い、CO2を化学品やジェット燃料などの価値ある製品に変換するP2C(Power to Chemicals)にも取り組んでいます。今後も持続可能な未来のエネルギーをデザインする企業として水素エネルギーの取り組みに先進的な技術でこたえていきます。

注:新団体設立のための準備委員会参画企業(50音順、事務局企業は※印)
岩谷産業株式会社※、ENEOS株式会社、川崎重工業株式会社、関西電力株式会社、株式会社神戸製鋼所、株式会社東芝、トヨタ自動車株式会社※、株式会社三井住友ファイナンシャルグループ※、三井物産株式会社

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

関連記事

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP