検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

プレスリリース&ニュース
トップページプレスリリース&ニュース > 一般財団法人エンジニアリング協会の2021年度「エンジニアリング奨励特別賞」を受賞

一般財団法人エンジニアリング協会の2021年度「エンジニアリング奨励特別賞」を受賞

ー火力発電所へのCO2分離回収技術適用によるCCUS注1社会実装への取組みを評価ー

ニュース

火力

受賞

2021年7月13日

東芝エネルギーシステムズ株式会社

 当社および千代田化工建設株式会社(以下、「千代田化工」)で構成した「CO2分離回収実証設備建設プロジェクトチーム」が、一般財団法人エンジニアリング協会の2021年度「エンジニアリング奨励特別賞」を受賞しました。

 「エンジニアリング奨励特別賞」は、商業的実用化が期待される先駆的技術の開発に対して、特に顕著な功績のあった案件を表彰するものです。実証試験等による確認後、2年以内のものが対象となります。

 本設備の実証は、2020年10月から今年3月まで行いましたが、今後この結果を踏まえ、火力発電所からのCO₂排出削減に向けた商用化を検討していきます。当社は、2030年の本格的なCCUS社会実装に向けて技術開発を行い、カーボンニュートラルへ貢献していきます。

受賞内容

チーム名称:CO2分離回収実証設備建設プロジェクトチーム

(1)受賞者(敬称略)
   代表者:東芝エネルギーシステムズ株式会社
       パワーシステム事業部 ヒートサイクル計画・技術部
       環境配慮型CCS 注2実証事業 プロジェクトマネージャー
       長野 敬太

   メンバー:東芝エネルギーシステムズ 21名、千代田化工 27名   計48名

(2)プロジェクトの概要
 今回プロジェクトで用いた設備は、当社のグループ会社である株式会社シグマパワー有明の三川発電所(福岡県大牟田市、発電出力5万kW)から排出されるCO2を分離回収する大規模な実証設備です。今回の実証は2016 年度に環境省より、当社、千代田化工を含めた18法人注3で受託した環境省の「環境配慮型CCS実証事業」の一環として行われました。本設備は2020年10月に運転を開始し、2021年3月に運転を完了しました。本設備から1日に排出されたCO₂量は約1,100トンであり、その50%以上にあたる600トン/日以上のCO₂を分離・回収しました。本設備は、ヤシ殻を主燃料としたバイオマス発電として、バイオマス発電所から排出されるCO2の分離回収量600トン/日を実現した世界初注4のBECCS注5(Bio-Energy with Carbon Capture and Storage)対応設備です。本設備は、当社が基本技術仕様を開発し、その仕様を基に、千代田化工がCO₂分離回収実証設備の詳細設計から、調達、製作、建設、据付、試験、検査、試運転調整、土木・建築を含む工事まで一式を担当しました。

 当社は、独自に開発した吸収液とシステムの組み合わせにより、世界最高レベルのCO2回収エネルギーと、アミン放散抑制を実現しました。このCO2分離回収技術と、実績のある蒸気タービンサイクル技術を適用しました。
 千代田化工は、国内外で培った大型のガス処理設備建設工事に関するプロジェクト遂行ノウハウや、自社技術である排煙脱硫プロセス(装置名:千代田サラブレッド121)による高度前処理技術を適用しました。

 当社と千代田化工の技術の組み合わせにより、世界最高レベルのCO2回収エネルギー、アミン放散抑制等を達成し、大幅なランニングコスト低減が図れるシステムとなりました。

エンジニアリング奨励特別賞に関する写真

三川発電所のCO2分離回収実証設備
三川発電所のCO2分離回収実証設備

注1:CCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage):プラントから排出されるCO2を分離、回収、利用、貯留する技術
注2:CCS(Carbon dioxide Capture and Storage):プラントから排出されるCO2を分離、回収、貯留する技術
注3:東芝エネルギーシステムズ株式会社(契約当時、株式会社東芝)、みずほ情報総研株式会社、千代田化工建設株式会社、日揮株式会社、三菱マテリアル株式会社、大成建設株式会社、株式会社ダイヤコンサルタント、株式会社QJサイエンス、日本エヌ・ユー・エス株式会社、国立研究開発法人産業技術総合研究所、一般財団法人電力中央研究所、国立大学法人東京大学、国立大学法人九州大学、上野トランステック株式会社、三菱商事天然ガス開発株式会社、国際石油開発帝石株式会社(INPEX)、一般財団法人石炭エネルギーセンター(JCOAL)、太平洋セメント株式会社の18法人
注4:当社調べ。2021年7月時点
注5:BECCS(Bio-Energy with Carbon Capture and Storage):CCS付きバイオマス発電

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ

関連記事

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP