「奥飛騨温泉郷 中尾地熱発電所」の運転開始予定時期の変更について

プレスリリース

再生可能エネルギー

その他

2021年12月 2日

東芝エネルギーシステムズ株式会社
株式会社シーエナジー

 東芝エネルギーシステムズ株式会社と株式会社シーエナジーが共同で出資している中尾地熱発電株式会社は、2020年5月に事業化の目処が立ったことから、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾地区において地熱発電所の建設を決定し、2021年度下期の運転開始をめざしてきました。しかし、2020年7月に岐阜県で発生した豪雨災害の復旧工事に伴う作業員不足やコロナ禍の影響などを受けたため、土木建築工程の見直しを行い、運転開始予定時期を以下のとおり変更しましたのでお知らせします。

地熱発電所の運転開始予定時期:2022年度下期

 また、地域の皆さまのご理解・ご協力のもと、自治体や諸団体との連携を軸にした地域密着型の発電所として発展していくため、発電所名称を(仮称)中尾地熱発電所に「奥飛騨温泉郷」を加え、以下のとおり正式決定しました。

発電所名称:「奥飛騨温泉郷 中尾地熱発電所」

【奥飛騨温泉郷 中尾地熱発電所の概要】

所在地 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾地区
出力 最大1,998kW(送電端)
発電方式 ダブル・フラッシュ方式
運転開始予定 2022年度下期

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ