山東能源集団との純水素燃料電池システム技術提携について

― 中国で製造技術や試験技術を提供 ―

プレスリリース

水素エネルギー

受注・納入

2021年12月27日

東芝エネルギーシステムズ株式会社

 当社は、中国・山東省の山東能源集団有限公司(以下、山東能源)と純水素燃料電池システムに関する技術提携契約を締結しました。本提携は、当社の定置用純水素燃料電池システムの製造技術や試験技術を中国向けに提供するものです。

 山東能源は、中国山東省に本社がある、石炭、電力、化学工業、工業用設備、再生可能エネルギーなどを扱っている会社です。近年、太陽光発電、風力発電など再生可能エネルギーと水素エネルギー事業の開発に力を入れています。
 今回の提携は、中国において両社が燃料電池分野での提携の第一段階としてのものであり、当社は山東能源の定置用純水素燃料電池システムの開発を支援していきます。

 中国では、2030年までに二酸化炭素排出量を2005年比で65%以上減少させ、非化石エネルギーの一次エネルギー消費に占める割合を25%前後にすることを目指しており、2060年にはカーボンニュートラルを実現することを目標として掲げています。
 その中で、化学工場などで発生する副生水素の活用も加速することが予想され、今後水素を使った燃料電池システムの需要が高まることが予測されます。
 
 当社は、これまで日本で純水素燃料電池システム「H2Rex™」を120台以上納入した実績を有しています。これらの実績で培ってきたノウハウを活用し、環境政策の一環として水素市場の立ち上がりが見込まれる中国において、純水素燃料電池システムの普及に貢献していきます。

山東能源集団の概要

企業名 山東能源集団有限公司
本社所在地 中国・山東省済南市
設立 2020年
事業内容 エネルギー関連企業(石炭、再生可能エネルギーなど)
代表者 李偉 (董事長)

プレスリリース/ニュースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝エネルギーシステムズ株式会社に関するお問い合わせをご覧下さい。

「プレスリリース&ニュース」のトップへ