検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

製品・技術サービス

トップページ原子力製品・技術サービス > 役目を終えた発電所の廃止措置

役目を終えた発電所の廃止措置

  • 安全かつ効率的な作業に貢献
  • 役目を終えた発電所の配置処置
  • 役目を終えた発電所の配置処置計画立案からサイトリリースに向けて
  • 廃止措置計画から原子炉解体まで廃炉作業を効率化
  • 国内での廃炉プロジェクトへ貢献

国内では、これから運転を終了した原子力発電所の廃止措置が求められます。
私たちは、これまでに設計、建設、保全の各分野で培ってきた技術を組み合わせて、合理的な廃止措置の計画立案および実施に貢献していきます。

使用済燃料の貯蔵

信頼性の高い、使用済燃料中間貯蔵用金属キャスク

使用済燃料は金属キャスク(容器)に収納して、数十年にわたり貯蔵されます。長期間の保管にあたって、高い信頼性を有し、経済性に優れた金属キャスクの技術開発を進めています。

信頼性の高い、使用済燃料中間貯蔵用金属キャスク

原子炉解体に向けた調査

調査・計画のためのサンプリングツール

廃止措置計画の立案には、原子炉内の構造物や周辺の配管・機器の状態を知ることが重要です。東芝は、従来から保全・メンテナンス作業の一環として交換しようとしている配管や機器の状態を調査するために、それぞれの配管・機器に適したサンプリングツールを製作してきました。このツールを、廃止措置計画の立案に流用できます。

調査・計画のためのサンプリングツール

作業員の被ばく低減のため、原子炉解体前の除染

解体前に除染を行う技術の開発により、作業員の被ばく低減に貢献しています。原子炉圧力容器内の工事などのために、海外メーカーと共同でCORD(Chemical Oxidation Reduction Decontamination)法を国内で用いてきました。その後、CORD法よりも廃棄物量が少ないT-OZON™法(オゾン法化学除染)を独自に開発し、実績を積み上げています。最近は浜岡原子力発電所1、2号機の廃止措置工事において原子炉格納容器内配管の系統を除染しました。

作業員の被ばく低減のため、原子炉解体前の除染 T-OZON™法
図:T-OZON™法
200以上システム除染実績
これまでに200件以上の除染実績をあげています。この豊富な実績に基づき、適切な除染技術を提案していきます。

原子炉機器解体

廃棄物の発生が少ない切断技術

原子炉機器の切断時に発生する廃棄物を少なくするための要素技術を開発しています。

小径パイプの切断技術
小径パイプの切断技術
鋼板の切断技術
鋼板の切断技術

解体を効率的に進める、放射線の測定

建屋構造物および廃棄物の放射能レベルを、迅速かつ高い精度で把握できる測定装置を開発しています。

ホットスポットを可視化できる、ガンマカメラ

建屋構造物や配管・機器の放射線のホットスポットの位置を可視化します。持ち運び可能なポータブルガンマカメラを開発しました。

ホットスポットを可視化できる、ガンマカメラ

微量な放射能を測定できる、クリアランスレベル測定装置

廃棄物を適切に処理するため、放射性物質として扱う必要のない廃棄物(クリアランス)の放射能レベルを測定できる装置を開発しました。廃棄物の材質、大きさ、形状に合わせて、現場で測定できる可搬型、まとめて測定できるバスケット型およびトレイ型、配管内部を測定できるランス型があります。

微量な放射能を測定できる、クリアランスレベル測定装置
トレイ型

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP