検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

技術情報

トップページ技術情報論文ライブラリー > CO2をほぼ100 %回収可能な超臨界CO2サイクル発電システムのパイロットプラント用燃焼器の燃焼試験

CO2をほぼ100 %回収可能な超臨界CO2サイクル発電システムのパイロットプラント用燃焼器の燃焼試験

 二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けて,発電分野では再生可能エネルギーの導入が進んでおり,発電量も増加している。一方,化石燃料を用いる火力発電は,CO2排出量が多いが,大電力の安定した発電が可能であることから,ベースロード電源としての役割は大きい。そこでCO2排出量の削減に向け,更なる高効率化を進めて化石燃料の使用量を抑制したり,排ガス中のCO2を効率的に除去したりといった様々な対策の検討が進められている。

 東芝エネルギーシステムズ(株)は,このような中で,高効率で発電しながら,回収のためのエネルギーを使わずにCO2をほぼ100 %回収できる超臨界CO2サイクル発電システムを,米国のNET Power社,Exelon社,McDermott社,Oxy Low Carbon Ventures社,及び8 Rivers社と共同で開発しており,キーとなる燃焼器とタービンを担当している。今回,熱出力50 MWtの燃焼器をパイロットプラント用タービンと組み合わせる前の性能確認として,燃焼器単体の燃焼試験を行い,着火から超臨界状態までの燃焼特性及び運転性について良好な結果が得られた。

超臨界CO2サイクル発電システムの基本サイクル
超臨界CO2サイクル発電システムの基本サイクル

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP