検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

技術情報

トップページ技術情報論文ライブラリー > 風力発電システムの最新技術

風力発電システムの最新技術

風力発電システム事業は、脱炭素社会を支える有力な再生可能エネルギー(以下,再エネと略記)の一つとして、単機容量の増大や、IoT(Internet of Things)技術の採用による予防保全などの技術革新が進んでいる。

東芝エネルギーシステムズ(株)は、2010年の風力システム事業への参入以来、主に国内に建設する風車そのものについて、国内法規や規程の遵守に向けた改良と一部部品の国産化を行ってきた。また、大規模CFD(Computational Fluid Dynamics)解析や風況解析を用いて複雑地形での風況評価・診断を高精度に行う技術や、狭い敷地で施工可能なシングルブレード工法のための独自装置の開発、火力・水力発電システムで培った回転機技術や制御技術を基に、風車の性能向上や系統親和性の向上を図ってきた。これらの技術を取り入れた風車の建設や稼働を通して、我が国の環境に適した日本型風車の実現を目指した着実な開発を進めている。

実サイトの風況解析結果
(図)実サイトの風況解析結果

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP