検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

技術情報

トップページ技術情報論文ライブラリー > 幅広い負荷変動に対応可能な火力発電用タービン発電機技術

幅広い負荷変動に対応可能な火力発電用タービン発電機技術

 近年,火力発電には,二酸化炭素(CO2)排出量削減のための高効率化や,導入が拡大している再生可能エネルギー発電の出力変動を調整する電源としての役割,運用性向上によるコスト低減などへの要求が高まっている。

 東芝エネルギーシステムズ(株)は,幅広い負荷範囲で高効率に運転できる水素間接冷却タービン発電機を開発してきた。また,近年の負荷調整電源への対応として,より高効率に短時間で起動できる中・小容量帯の新設タービン発電機に加え,既設の火力発電の改修に適用する技術の開発も進めている。

固定子鉄心端部電磁界解析モデル
固定子鉄心端部電磁界解析モデル

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP