検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

技術情報

トップページ技術情報論文ライブラリー > 太陽光発電システムの最新技術

太陽光発電システムの最新技術

近年、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)により、太陽光発電(PV)の導入が進んできた。一方、FIT価格の低下と電力系統への接続や建設予定地などの制約によって、発電所建設の難度は高くなっており、これらの課題を解決するための設計・建築手法が求められている。また、国際的な二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組む企業では、FITを適用せず、発電電力を工場などで全て消費する自家消費型PVシステムの導入が増えている。

東芝グループは、このような状況の中で、PVシステムの最新技術の開発に取り組んでいる。情報通信技術(ICT)を活用した土木工事の効率化技術や出力変動を抑制できる蓄電池併設型PVシステムの制御技術とともに、自家消費型PVシステム向けに最適な太陽電池モジュール容量を決めるためのシミュレーション技術や余剰電力が発生しない制御技術などを開発した。

自家消費型 PVシステムの発電継続機能
(図)自家消費型 PVシステムの発電継続機能

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP