検索する
閉じる
メニュー
閉じる

東芝エネルギーシステムズ株式会社

製品・技術サービス

トップページ電力流通製品・技術サービス > IoT技術により次世代の電力流通を実現するソリューション

IoT技術により次世代の電力流通を実現するソリューション

  • メーカーの技術とノウハウを結集したソリューションIoT
  • 発電から需要家までをつなげる、東芝のIoT
  • 送配電事業者向けソリューション
  • 小売り・新電力事業者向けIoT
  • お客様のパートナーとしてスマートエネルギー社会を実現します

私たちは、電力インフラの構築や再生可能エネルギー技術の開発で得た豊富な知見と先進のIoT技術を結集させて、 電力需給のバランスを最適にコントロールし、次世代に相応しいエネルギーサービスシステムの具現化を推進しています。
より高度な電力流通を実現するため、私たちは先進のソリューションを提供します。

電力系統バーチャル化による送配電事業者向けIoTソリューション

経営資源データの分析を用いて経営判断を支援するアセットマネジメント

アセットマネジメント

先進のIoT技術の導入により、現場機器の情報を取り込み、東芝のIoTアーキテクチャであるSPINEX™上で電力系統のバーチャル化を実現することで、 「電力系統運用」と「設備形成」についてシミュレーションを可能とし、経営判断を支援します。

保守・設備運用の効率化

電力流通設備の「設備利用率・稼働率・運用における生産性の向上」を実現するため、IoT技術を適用し、点検・異常対応における出向業務の最小化等の効率化を図ります。

保守・設備運用の効率化 保守・設備運用の効率化

電力市場で新たなビジネスを生み出すIoTサービス・システム

需要家と電気事業者を仲介するネガワットアグリゲーターサービス

ネガワットアグリゲーターとは、電気事業者等と需要家を仲介し、多数の需要家をまとめ、削減した電気の需要量(ネガワット)を束ねて取引を行う事業者です。東芝は、経済産業省の各種実証事業を通じて、需要家の特性把握や天候等による需要変動に関する知見を蓄積したことで、状況に応じて需要家を最適に組み合わせ(ポートフォリオ)、高い精度でネガワットを提供しています。

ネガワットアグリゲーターサービス ネガワットアグリゲーターサービス

多種多様な施設や設備の制御と運用を行うバーチャルパワープラント(VPP*1

バーチャルパワープラントとは、太陽光発電や蓄電池、水素など地域に散在する複数のエネルギー発電・蓄電設備を効果的に制御・運用し、一つの発電所のように機能させることで 電力網の需給バランス最適化に寄与する取り組みです。 東芝はこれまで培った発送電・蓄電技術と、最新先進のIoT技術を結集し、多種多様な施設や設備に対し効果的な制御と運用を行えるエネルギーマネジメントシステムを開発することで バーチャルパワープラント構築を目指しています。

*1 VPP:Virtual Power Plant (仮想発電所)

バーチャルパワープラント バーチャルパワープラント

IoT技術を活用したバーチャルパワープラントに向けた蓄電池群制御システム

複数施設に散在する蓄電池の見える化と遠隔監視、遠隔制御、電力市場に連動したリアルタイムの充放電制御といった機能を有した、バーチャルパワープラント構築に向けた蓄電池群制御システムをIoT事業者向けに開発した「IoTスタンダードパック」を採用することで迅速に構築し、導入しました。さらに、IoTアーキテクチャ「SPINEX™」を活用すれば予兆保全やO&M*2、ビッグデータ分析などの機能を拡張することも可能です。

*2 O&M:Operation and Maintenance
運用(オペレーション)と保守(メンテナンス)

蓄電池群制御システム 蓄電池群制御システム

長年の実績をパッケージ化した新電力向け電力需給管理システム

長年提供してきた電力会社向け自動給電システムや、新電力向け需給管理システム enesuite™をベースに、各事業者様のニーズにお応えしたソリューションを提供していきます。

電力需給管理システム 電力需給管理システム

グリッド内の電力需給調整を行うエネルギーマネジメントシステム

再生可能エネルギーによる地産地消を支えるμEMS

東芝では、スマートグリッドのコア製品として、「μEMS」があります。μEMSには、電力事業者と協調したグリッド内の需給調整機能があります。 需要家の電力使用量をリアルタイムに把握・予測しながら需要に応じて太陽光発電や蓄電池から電力を供給、家庭やビルで使用している機器の電源を制御します。 電力の需要と供給のバランスをとり、再生可能エネルギーの有効活用とエネルギーロスの低減、エネルギー消費の低減を実現します。
μEMS 機能は以下の通りです。

  1. μSCH:総合エネルギー需給計画
    PV 出力予測、需要予測に基づく運用計画立案を行います。

  2. μELD: 経済負荷配分制御
    長周期(分オーダー)での発電機・蓄電池制御を行います。

  3. μLFC: リアルタイム負荷周波数制御
    短周期(秒オーダー)での発電機・蓄電池制御を行います。

離島などのエネルギー問題を解決するオフグリッドソリューション

再生可能エネルギーによる地産地消を支えるμEMSと蓄電池により再生可能エネルギーの変動を抑制し、系統安定化とディーゼル発電機の燃料費を削減することで、 離島など独立した場所で需要と供給を完結できるソリューションです。余剰電力の有効活用と高効率で安定的な電力需給を実現します。
平成22年に実施した「沖縄電力株式会社向け宮古島マイクログリッドプロジェクト」では、火力発電(ディーゼルとガス)と再生エネルギー(太陽光、風力)の組み合わせで発電を行いました。
電力系統につながっているマイクログリッドに対しても提供が可能です。

オフグリッドソリューション オフグリッドソリューション
固体絶縁スイッチギヤ

再生可能エネルギー普及拡大に貢献する蓄電池システム

電力需給のバランスをとり、電力の需要があがった時にバッテリーから電力を補い、電力を適切に供給します。
風力発電や太陽光発電は、気象条件により出力が変動します。再生可能エネルギーの普及拡大に伴う需給バランスの改善、周波数の変動対策などの課題解決に貢献します。

固体絶縁スイッチギヤ
絶縁スイッチギヤ(C-GIS)

高い信頼性のリチウムイオン電池 SCiB™

長寿命特性によりメンテナンス性に優れ、高い急速充放電性も兼ね備えています。幅広い温度レンジにも対応し、世界各地で適用可能です。

絶縁スイッチギヤ(C-GIS)

スマートメーター通信システム

電力自由化に伴う各種業務・新規サービスに貢献するスマートメーター通信システム

東芝は、世界で最大規模の無線マルチホップ方式のネットワークを応用したスマートメーター通信システムの設計・開発・保守を行っています。下図に示すシステムは、スマートメーターの通信ユニット、データを中継するコンセントレーター、収集・保持するヘッドエンドシステムで構成され、検針作業の自動化や停電検知などを可能とします。
本システムにより、電力自由化に伴う各種業務・新規サービスの遂行およびエネルギーサービス事業の経済性を両立する社会インフラの構築に貢献しています。

スマートメーター通信システム

スマートメーターネットワークの設計・構築・運用を実現するシステムインテグレーション

東芝は、各種製品の開発に加え、スマートメーターおよびコンセントレーターで構成する無線ネットワーク構築のシミュレーションや運用方針の策定、ネットワーク品質の分析や改善など、運用に必要なサポートも含むシステム全体のインテグレーション業務も行っています。図のようなPDCAを回すことで、通信品質の維持やシステムの安定運用を実現しています。

システムインテグレーション

別ウインドウマーク …このマークが付いているリンクは別ウインドウで開きます。

PAGE TOP